【お役立ち】引き渡しを終えてからトラブル発生!?

f:id:tanuk:20200124081947j:plain

 







引き渡し・引っ越しが終わっていよいよ新生活が始まりました。
ところが、生活してみると、さまざまなトラブルや不具合が起きてしまうことがあります。

こういった住み始め初期に起こるトラブルは、 『材料が馴染んでいない』・『利用者が使い方を間違えて損傷させてしまう』 ことが原因であるケースが多いです。

なので、すぐに工務店に問い合わせたり、定期メンテナンスの際に不具合を申し出ることで、無償で対応してくれるでしょう。

今回は、我が家が住み始めてから1年以内で発生したトラブルを記載していきます。









ファミリークロークの引き戸の建て付けが…


住み始めて約3ヶ月たったある日、ファミリークロークの引き戸の建て付けが悪いなぁと感じ始めました。

引き戸をピシッと閉めても隙間がみえている状態が続いたので、工務店に依頼して修繕して頂きました。










f:id:tanuk:20200124080140j:plain
赤く囲った箇所。建具を取り付ける下地材が、扉を閉める振動で少しずつ下がっていったことが原因でした。
※写真は修繕後の引き戸です。









f:id:tanuk:20200124080216j:plain
この下地材です。
当初は杉の人工乾燥材が使用されていましたが、修繕するにあたって強度が高い、赤松の集成材に変更して頂きました。









ウッドデッキの手摺に節が…


私が繊細すぎなだけかもしれませんが節が気になりました。
節は生節と死節があります。
生節は枝が生きている状態で巻き込まれたもので組織がしっかりしています。
死節は枯れた枝が幹の中に巻き込まれたもので節が抜け落ちやすくなります。

今にも抜け落ちそうな死節と、とても大きな生節があって気になっていました。その反面、自然にできたものなので取り換えてもらうのは難しいかなぁと思いながらダメもとで工務店にお願いしてみると、快く取り換えて頂きました。










f:id:tanuk:20200124080149j:plain
死節と大きな生節があります。











綺麗な材に取り換えて頂きました。
塗装してないので違和感はありますが……









トイレのドアの吊元が…


トイレのドア吊元のスポンジゴムがとれていました。
これは、大工さんの施工不良なので、すぐに新しい物に取り替えて頂きました。










f:id:tanuk:20200124080202j:plain
赤く囲ったトイレのドア吊元。










f:id:tanuk:20200124080158j:plain
トイレ内部からの写真です。
開き戸の回転軸。丁番を取り付けている側です。










f:id:tanuk:20200124080207j:plain
クローズアップしてみると、緩衝材のスポンジゴムがとれています……










f:id:tanuk:20200124080212j:plain
接着剤が完全にとれています。
問い合わせした次の日には大工さんに取り替えて頂きました。










休日を利用して、不具合があるのか、家をじっくり点検してみても良いかもしれません。