【お役立ち】スマホで間取りをつくるなら『間取りtouch+』がおススメ

f:id:tanuk:20200106154948j:plain

 






明けましておめでとうございます。本年も【29歳。家を建てる。】をよろしくお願いいたします。

  





ところで、家づくりを始める際に『建築知識が全くないけれど、理想の間取りを伝えたい!!』とお考えの方もたくさんいらっしゃると思います。しかしながら、スケッチや口頭で説明しても設計士やコーディネーターに100%正確に伝えることは大変難しいです。

そこで今回は、スマートフォンで簡単に間取りを作成できるアプリ【間取りtouch+】をご紹介いたします。
これを使いこなせればすぐに間取りを作成できます。
間取りtouch+で作成した画像やデータを工務店に提出することで、ミスコミュニケーションがない理想的な家づくりができるでしょう。









間取りtouch+をダウンロードしてみよう


これから間取りtouch+の使い方を簡単にご紹介していきます。

実際にスマートフォンで無料ダウンロードしてみましょう。↓↓









設備・家具を配置してみよう


f:id:tanuk:20200106154957j:plain
アプリを開くとこのような画面になります。
新規作成を選択。











f:id:tanuk:20200106155015j:plain
最初に作成する部屋の設定は、こだわりがなければとくに変更する必要はありません。










f:id:tanuk:20200106155025j:plain
編集の画面に移ります。
デフォルトでいくつか部屋が配置されていますね。










f:id:tanuk:20200106154952j:plain
部屋を選択すると左下に編集コマンドがでてきます。
この編集コマンドでキッチンやトイレといった設備や、家具インテリアなどを選択・配置できます。










f:id:tanuk:20200106155001j:plain
キッチンを配置してみます。
キッチンを選択してから編集コマンドを押してみると、同じ左下の位置に 設定コマンドが現れます。この設定コマンドでサイズを調整できます。
また、図にあるで回転させることも可能です。










f:id:tanuk:20200106155057j:plain
編集コマンド内にある家具一覧です。種類がとても豊富です。










f:id:tanuk:20200106155006p:plain
適当に家具を配置してみました。



ここまでが基本動作になります。なんとなく形になってきました。

  










建具を配置してみよう


f:id:tanuk:20200106155108j:plain
フローリングの素材や色も変更できます。
建具を配置してみましょう。壁を選択して下の建具コマンドを選ぶと……










f:id:tanuk:20200106155117j:plain
ドアや窓を選択・配置できます。










f:id:tanuk:20200106155112j:plain
ドアを取り付けてみました。
完成したら右下の出力コマンドを押します。










f:id:tanuk:20200106155020j:plain
ここではファイルを保存できたり、画像出力ボタンでカメラロール内に画像を自動保存することも可能です。










f:id:tanuk:20200106155123j:plain
慣れてくるとこういった間取りも30分程度で作れちゃいます。




これまで初歩的な操作方法を解説いたしましま。この他にも文字やテキストを入力できたり、簡単な電気図も作成可能です。
操作した方が覚えやすい点もあるので無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。