【節約術】家を建てる予算がオーバーしたときに行った10コの対処法

f:id:tanuk:20191125153621j:plain

 







家づくりの打ち合わせ時に、『窓を大きくしたい・和室を追加したい・キッチンにタイルを取り入れたい』といったように、理想を追い求めた結果、見積もりの予算がガバっと上がってしまうケースが多々あります。私もそのひとりで、知らず知らずのうちに予算が200万円も超えていました。
そこで監督や設計士、デザイナーと話し合いながら細かいところのコストを削減していきました。これから私が実際に行ったコスト対策をご紹介します。









建具を取り除いてオープンな空間に


【約35万円削減】


私が建てたい家のコンセプトのひとつに『毎日家族と会話したくなるオープンな家』を掲げていました。なので、建具は必要最低限で充分と判断し、平面図の赤線箇所の建具を取り止めました。



f:id:tanuk:20191125153618j:plain
『一階』
建具取り止め





f:id:tanuk:20191125153610j:plain
『二階』
建具取り止め





f:id:tanuk:20190629125308j:plain
建具の代わりにアーチの下り壁を設けました。









ユニットバスのオプションを節約


【約5万円削減】


ユニットバスは、トクラス製のものを採用しました。



詳しくはコチラ↓↓





ユニットバスの見積もりは60万円でした。
その予算よりも低くする為に……

・追加費用がかからない壁色・床色

・シャワーヘッドのグレードを下げる

・浴室内の縦型手摺の取り止め

などを行い、約55万円までおさえることができました。





f:id:tanuk:20190608103107j:plain
デザインはシンプルですが使い勝手は抜群です。









洗面室・2階のクロスにお金をかけない


【約4万円削減】


来客者がほとんど入らない洗面室、2階居室のクロスを比較的リーズナブルなデザインに変更しました。





f:id:tanuk:20191127075403j:plain
洗面室のクロスです。シンプルなクリーム色のデザインです。









電化製品をまとめ買い


【約10万円削減】


商品をまとめ買いした時に値引きしてもらえる家電量販店があります。私の場合、エアコンから豆電球まで、全ての電化製品を一つの店舗で新調したので、購入した総価格が表示価格より10万円安くなりました。









2階トイレを取り止め


【約50万円削減】


当初は、2階にトイレがあるプランで進めていましたが、便器や手洗い器の料金、排水工事費などを含めると50万円相当になる為、トイレは諦めて、その分、収納スペースを広くとりました。









コンセントの配置位置を検討


【約4万円削減】


将来どの部屋で何をするかを想像しながらコンセントの配置位置を再検討しました。
その結果、2箇所減ってコンセント設置費、約4万円削減できました。



詳しくはコチラ↓↓





f:id:tanuk:20190715100920j:plain
 コンセント位置
 追加
× 取り止め





f:id:tanuk:20190715100835j:plain
設置高さについても細かく打ち合わせしました。









なるべく標準仕様の商品に


【約5万円削減】


工務店やビルダーは、構造材の樹種から窓や建具、トイレやお風呂の設備まで、標準仕様が決められています。見積もりは標準仕様の商品を参考に概算されるので、標準仕様以外のものを選び過ぎてしまうと、知らず知らずのうちに予算オーバーになっていることも。
私自身も予算オーバーを解消する為、トイレや建具などを標準仕様の商品にするよう再検討した結果、約5万円削減できました。









2階は複合フローリングに


【約5万円削減】


1階はパインの無垢材。来客者がほとんど入らない2階は、天然木の単板を張ってつくられた複合フローリングにしました。
パインの無垢材は坪単価約6,500円。複合フローリングは坪単価約5,000円です。したがって、2階全て無垢フローリングにした場合と比べると、約5万円削減できました。





f:id:tanuk:20190508123917j:plain
『1階』
パインの無垢材





f:id:tanuk:20191127075357j:plain
『2階』
複合フローリング









カーテンを取り付けない


【約12万円削減】


隣地からの視線が気にならない。開口が小さい。居室でない窓に関しては、カーテンを取り付けませんでした。最終的に、平面図のオレンジ線箇所のカーテンを取り止めた結果、約12万円削減できました。




f:id:tanuk:20191125175731j:plain
『1階』
カーテン取り付けを辞めた窓




f:id:tanuk:20191125175736j:plain
『2階』
カーテン取り付けを辞めた窓









バルコニーを断念


【約100万円削減】

当初はバルコニーが欲しいと強いこだわりを持っていましたが、工事費の負担が大きく、洋風ファザードにマッチしにくいこともあり断念しました。









結果いくら削減できた?


以上10項目の対処を行った結果…



















最終的におおよそ230万円の削減に成功しました!!









なので、予算範囲内で引き渡しをむかえることができました。
家づくりの打ち合わせをしていく中、『もしかして予算オーバーしているかも』と予感がしたら、早いうちに再見積りを依頼して対策案を工務店と検討しましょう。