【お役立ち】キッチンカウンターの素材はどれがオススメ?

f:id:tanuk:20191022142240j:plain

 







キッチンカウンター(天板)は、キッチンの『顔』といっても過言ではありません。カウンターの素材ひとつで、キッチンの雰囲気は大きく変わります。
デザインだけでなく、使用者が使いやすい素材を選んでおかないと、料理も楽しくなくなります。
今回は、キッチンカウンターの素材の特徴・メリット・デメリットについてご紹介します。









人工大理石


f:id:tanuk:20191022142204j:plain

f:id:tanuk:20191022142224j:plain

【メリット】:カラーバリエーション・デザインが豊富
【デメリット】:原材料が樹脂なので耐熱性に劣る



人工大理石の原材料は樹脂(プラスチック)です。なので、カラーバリエーションやデザインが豊富です。後ほどご紹介するメラミンとは異なり、透明感や光沢があるのも特徴です。
汚れに強くお手入れも簡単で、ステンレスでは目立ちやすい水垢がほとんど目立ちません。いっぽうで熱には弱く、高温のやかんや鍋をカウンターに置くと変色する恐れがあります。









ステンレス


f:id:tanuk:20191022142200j:plain

f:id:tanuk:20191022142230j:plain

【メリット】:耐水性・耐熱性に優れる
【デメリット】:表面に傷がつきやすい



耐水性・耐熱性が高く、飲食店のワークトップ(天板)のほとんどがステンレス製です。さらに、医療用に用いられるほど耐感染性も高く、衛生面も優れています。
デメリットとしては、表面に傷がつきやすいことです。一度傷ができてしまうと、補修するのはほぼ不可能です。









天然石


f:id:tanuk:20191022142213j:plain

f:id:tanuk:20191022142155j:plain

【メリット】:重厚感・高級感がある
【デメリット】:非常に高価



代表的な素材は御影石や大理石などがあります。一番のメリットは重厚感・高級感があってデザイン性も高いことです。また、耐熱性・耐水性・耐久性も高いので使い勝手も抜群です。その反面、非常に高価なものなので、価格を見て『えっこんなに高いの……』と驚く人も少なくありません。笑









タイル


f:id:tanuk:20191022142235j:plain

f:id:tanuk:20191022142149j:plain

【メリット】:デザイン性が高く、可愛らしい空間になる
【デメリット】:目地に汚れがつきやすい


家が洋風テイストの場合、タイル素材は相性抜群です。また、空間が可愛らしくなる為、おしゃれなカフェなんかはタイルを採用しています。しかしながら、予想がつく人も多いでしょうが、タイルの目地に汚れがつきやすいのが最大のデメリットです。目地についた汚れは簡単にはとれません。なので、目地をグレーまたは黒色にして汚れを目立たせないようにしたり、料理後の掃除をこまめにするなどの対策が必要です。









メラミン


f:id:tanuk:20191022142208j:plain

f:id:tanuk:20191022142218j:plain

【メリット】:非常に安価
【デメリット】:高級感に欠ける



メラミンとはメラミン化粧合板の略で、合板の上にメラミン樹脂やフェノール樹脂を浸したシートを置いて高温高圧で形成したものです。 耐水性・耐熱性があり、油汚れにも強いでキッチンカウンターに適しています。安価な分、透明感や光沢感が少なく、人工大理石や天然石と比べると高級感に欠けてしまいます。









我が家のキッチン


f:id:tanuk:20191022142252j:plain

f:id:tanuk:20191029075739j:plain

我が家は人工大理石グラニットを採用しました。
グラニットは、樹脂20%・花崗岩80%を成型した人工大理石です。いわば、人工大理石と天然石のハーフのようなものです。笑









手入れのしやすさに重視


我が家は、『手入れのしやすさ』を第一に検討しました。その結果、ステンレスのように水垢が目立たなく、タイルのように目地もない、人工大理石に着目しました。









柔らかくて暖かみのある空間に


壁をターコイズにしたので、ステンレスは寒く感じるのではないかと懸念しました。なので、清潔感もある白色を採用して温かみのある空間に仕上げました。









耐熱対策はなべ式で


グラニットも耐熱性は劣ります。なので、やかんや鍋・フライパンはカウンターの上に『なべ式』を置いて対応しています。





『その素材のカウンターで料理をしてみたいか』がとても大切だと思います。