【お役立ち】DAIKEN・YKK APのショールームで衝撃を受けた窓・床

f:id:tanuk:20190808220512j:plain

 






先日、TOTOのショールームで知った・感じたことやオススメ商品についての記事をつくりました。↓↓



今回はDAIKEN・YKK APについてです!

TOTOと同様、お邪魔させて頂いたのは金沢にある、TOTO・DAIKEN・YKK APがコラボレーションしているショールームです。

f:id:tanuk:20190807000159j:plain


【営業時間】:10:00~17:00
【休館日】:毎週水曜日
【電話】:0120-43-1010
【住所】:石川県金沢市鞍月東2-11
【駐車場】:有











YKK AP


YKK APのブースでは窓・網戸・玄関扉を見学しました。





アドバイザーのオススメ①:『窓・APW』


f:id:tanuk:20190808220206j:plain

窓は『エピソード』と『APW』があります。エピソードはコストが安くて様々な種類を扱っており、APWは快適性や性能を重視しています。










f:id:tanuk:20190808220355j:plain

左から2番目がエピソード。3番目がAPW複層ガラス。4番目がAPWトリプルガラスです。
実際に触れてみて、APWトリプルガラスが結露が少なくガラス面の断熱性も高く感じました。










f:id:tanuk:20190808220157j:plain

エピソードの断面図です。










f:id:tanuk:20190808220226j:plain

APW複層ガラスの断面図です。
二枚のガラスや樹脂スペーサーを取り入れ断熱性を高めていました。

最近はZEHなどの省エネ住宅が普及していることもあり、エピソードよりもAPWの方が普及しているらしく、アドバイザーも推薦していました。










アドバイザーのオススメ②:『窓・マドリモ』


f:id:tanuk:20190808220457j:plain

窓をリフォームする際、外壁などを剥がして新しい窓を取り付けるといった大がかりな工事が必要でした。『マドリモ』の窓を使用すれば、外壁を剥がさずに半日程度の簡単な工事で取り替えが可能です。










f:id:tanuk:20190808220257j:plain

マドリモを取り付けた断面図です。分かりづらいですが、赤い箇所が既存窓の『アングル』と呼ばれるパーツです。そのアングルを利用して、マドリモのアングル(黄色い箇所)を被せるように取り付けます。










f:id:tanuk:20190808220408j:plain

写真下が既存窓。写真上がマドリモを施した画像です。
既存のアングル残したまま取り付けるので、窓枠が分厚くなります。










アドバイザーのオススメ③:『網戸・クリアネット』


f:id:tanuk:20190808220247j:plain

通常の網戸は1.2mm角ですが、クリアネットは0.9mm角と精密に細かくつくられています。
開口が細かいことで、小さい虫の侵入防止・景色の眺めがよりクリアに・通風効果がアップといったプラス効果を与えてくれます。




実際に触れてみると通常の網戸よりもやわらかくて、クッション性がありました。









個人的にスゴいと感じたところ:『玄関ドア・ヴェナート イノベスト』


f:id:tanuk:20190808220242j:plain

玄関ドアは、断熱玄関ドアである『ヴェナート』と、高断熱ドアの『イノベスト』があります。










ヴェナート・イノベストは種類が豊富で、断熱・採光を考慮しているなど、様々な特徴がありました。なかでも個人的に感動したのが『キースタイル』です。

f:id:tanuk:20190808220441j:plain

出展:「YKK AP 玄関ドアの教科書」

車みたく、『ポケットKeyリモコン』を持っていれば、扉の取っ手にあるボタンを押すだけで開閉できます。ポケットKeyリモコンの遠隔操作や、カードキーでもコントロール可能です。










f:id:tanuk:20190808220201j:plain

実際にポケットKeyリモコンを持った状態でボタンを押してみると、白いLEDが緑色に点灯して開錠できました。
本当に車のドアみたいでビックリしました。









DAIKEN

DAIKENのブースでは床材を見学しました。




アドバイザーのオススメ①:『WPC床材』


f:id:tanuk:20190808220345j:plain

WPC床材とは、木材体内にある空洞にプラスチック素材を染み込ませて固めた床材です。
そうすることで、強度が増して傷やヘコみにも強くなります。



DAIKEN独自の加工技術だそうです。












f:id:tanuk:20190808220138j:plain

写真右側が空洞にプラスチック素材を染み込ませたサンプルです。
密度が高くなって強度が増すことがイメージできます。










f:id:tanuk:20190808220328j:plain

通常の化粧シートとの強度を比較していました。
WPC床材は傷や金槌で叩いたヘコみがほとんどありませんでした。









アドバイザーのオススメ①:『特殊化粧シート床材・トリニティ』


f:id:tanuk:20190808220335j:plain

『トリニティ』とは、エッジまで化粧が施されている床材をいいます。
床材の継ぎ目まで美しく仕上げることにより、無垢材のような立体感ある質感を実現でき、耐久性も高くなります。










f:id:tanuk:20190808220128j:plain

通常の化粧シートの断面です。










f:id:tanuk:20190808220134j:plain

トリニティの断面です。
エッジまで化粧が巻かれてるのがわかります。









個人的にスゴいと感じたところ:『特殊化粧シート床材・グラビオLS 』


f:id:tanuk:20190808220123j:plain

『グラビオLS 』は高級住宅のような大理石を再現した床材です。
質感もツルツルで、『ここまで化粧シートが進化しているのか!!』と感動しました。





TOTO・DAIKEN・YKK APのショールームは、建築業界に携わっている私にとって、勉強になることばかりでした。