【DIY】ダイニングテーブルのメンテナンスは定期的に

f:id:tanuk:20190804163152j:plain

 





我が家のダイニングテーブル


新築を建てるにあたってダイニングテーブルも新調しました。
数多くの家具屋さんを見て回った結果、曲線にデザインされたチェアが身体にフィットして座りやすかったので、unicoのELEMTシリーズを購入しました。

f:id:tanuk:20190804163047j:plain

【商品名】・ELEMTダイニングテーブル W1600 ブラウン
・ELEMTチェア ブラウン
・ELEMTベンチ ブラウン
【色】全てグレー
【樹種】オーク
【価格】・ダイニングテーブル:¥54,800
・チェア:¥15,800を二つ
・ベンチ:¥23,800
【合計】110,200円
※全て税抜き価格









購入して1年半しか経っていませんが、劣化してきました。↓↓

f:id:tanuk:20190804163339j:plain

水滴の跡とか。










f:id:tanuk:20190804163315j:plain

ボールペンの跡とか。小さな傷とか。
よく見ると結構ひどいです。......









オイルメンテナンス開始

そこでオイルメンテナンスキッドを購入して塗装してみました。










f:id:tanuk:20190804163332j:plain

今回購入したものは『オイル メンテナンスキット クリア』です。
値段は税抜で2,900円です。

このオイルはクリア仕上げなので、上塗りしても木目が隠れることはありません。

これは、unico商品専用のメンテナンスキッドで、unicoのお店やホームページで購入できます。↓↓










f:id:tanuk:20190804163403j:plain

箱の中はこのような感じです。










f:id:tanuk:20190804163303j:plain

・クリアオイル2個(パッケージの色は違いますが全く同じものです。)
・サンドペーパー
・ウエス











サンドペーパーで傷や汚れを落とす


f:id:tanuk:20190804163145j:plain

まずは、軽く水拭きして汚れを落とします。この水拭きは、表面を綺麗にしてオイルを塗りやすくする役割も担っています。

テーブルが完全に乾いたら、サンドペーパーで気になる傷や汚れが完全に落ちるまで磨きます。


気になる箇所だけ削ると、パンダみたいな、部分的に白い跡が残るんじゃないの??



机全体にサンドペーパーをかけるべきでは?



私もそれが心配でunicoの店員さんにお聞きしたところ、全体的に均一にサンドペーパーをかけるのは技術が必要だそうです。
いっぽうで、部分的にサンドペーパーをかけてもオイルを塗れば白い削り跡は残らないそうなので、今回は気になる箇所だけ磨くことにしました。



磨いたら乾拭きで削り粉を拭き取ります。










オイルを塗る


f:id:tanuk:20190804163211j:plain


ウエスにオイルを染み込ませて、木目と並行して薄めにまんべんなく塗っていきます。



ウエスに染み込ませるオイルは少量に



写真下が塗った後、写真上が塗る前です。
少し分かりづらいですが、ピカピカに輝いています。










f:id:tanuk:20190804163320j:plain

傷や汚れも完全に消えました。










f:id:tanuk:20190804163351j:plain

まんべんなく全体的に塗れました。
二度塗りしたいので、12時間ほど乾燥させます。











f:id:tanuk:20190804163255j:plain

二度塗りした写真がコチラです。
サンドペーパーの白い跡も完全に消えて、木目がくっきりしてきました。
二度塗りしたら1日乾燥させます。










1日後.........










オイルメンテナンス終了!!!










【塗装前】

f:id:tanuk:20190804163047j:plain









【塗装後】

f:id:tanuk:20190804163132j:plain

写真だとほんと分かりづらいですね......
実際は、傷や汚れは完全に消えて艶があります。










f:id:tanuk:20190804163035j:plain

今回は専用のオイルキッドを購入しましたが、オイルの代わりに水性ウレタンニス。ウエスの代わりに新品の布巾や雑巾ホームセンターで販売しているサンドペーパーでも代用できますので試してみてはいかがでしょうか。



今回のように、簡単な傷や落書きを消すだけなら中目~細目のサンドペーパーを選びましょう。












ふりかえりと反省


・やっぱり写真では分かりづらい......

・彫りが深くてサンドペーパーで消せない傷があった。



1~2年ごとにメンテナンスしましょう。