【DIY】初心者がウッドデッキを塗装してみた結果・・・

f:id:tanuk:20190722223858j:plain

 







新築に暮らし初めて約1年半......
前々から気になっていたことがありました。


それは......




















f:id:tanuk:20190722215316j:plain

ウッドデッキの劣化がヒドイ!!










f:id:tanuk:20190722215224j:plain

まさかここまで劣化するとは......










f:id:tanuk:20190722215345j:plain

手すり付近はまだ大丈夫そうですが。










f:id:tanuk:20190722214821j:plain


入口付近はボロボロで、とくに一段目が灰色になって酷い有様です。





1日かけて、ウッドデッキに塗装・修繕してみました。









【9:00】ウッドデッキのお掃除開始


まずは日頃の汚れを落とすことから始めました。



用意したものはコチラ↓↓

f:id:tanuk:20190722215240j:plain



・中性洗剤(食器用洗剤など)

・ゴム手袋(途中で外しました笑)

・スポンジ(裏側を使います)

・歯ブラシ(細かい汚れ用に)

・バケツ



全て家にある物でまかなえました。










f:id:tanuk:20190722214845j:plain

ホースでウッドデッキを洗います。
娘もお手伝い。
暑かったので打ち水になってとても涼しかったです。










f:id:tanuk:20190722215143j:plain

いい感じにビチャビチャになったら......










f:id:tanuk:20190722214806j:plain

バケツに水と洗剤を適当に入れてスポンジの裏側で優しく擦ります。










f:id:tanuk:20190722215215j:plain

雑巾がけみたい。笑










f:id:tanuk:20190722215021j:plain

細かい汚れは歯ブラシで









f:id:tanuk:20190722215336j:plain

全体的に磨き終わったらホースで流します。









f:id:tanuk:20190722215359j:plain

細かい汚れが取れて綺麗になりました。





後は乾かして放置。









【11:00】ホームセンターへ買い出し


f:id:tanuk:20190722215233j:plain

塗料を買いに近くのホームセンターへ。










f:id:tanuk:20190722215155j:plain

たくさん種類があってどれを買えば良いかわからない。......

アレ?










f:id:tanuk:20190722214903j:plain

よく見ると塗料に木の種類が記載されている。





しまった。!!我が家のウッドデッキの樹種がわからない......



いろいろ困った……よし、店員さんに聞いてみよう。笑





というわけで、わからないことを店員さんに教えて頂きました。笑

店員さんに聞いて分かったこと↓↓

・水性塗料と油性塗料、浸透タイプと塗膜タイプの違い

・塗料に記載されている樹種の意味

・塗装道具

・その他必要な道具




水性塗料と油性塗料、浸透タイプと塗膜タイプの違い


水性塗料か油性塗料か

水性塗料は撥水処理を施したもので、低コストだが寿命は短く1~2年。水で簡単に洗い流せて初心者にはオススメ



油性塗料コストが高いが、寿命は長く3~4年。塗料をおとすために、うすめ液(シンナー)が必要で、上級者向き





浸透タイプか塗膜タイプか

浸透タイプは防腐・撥水塗料を材に浸透させるタイプ⇒木目が残る



塗膜タイプは表面の塗膜が材の劣化を守ってくれる⇒木目が残らない





まずはこれら2つを選ぶ必要がありました。

私自身、初心者で、木目はもちろん残ってほしいことから水性塗料浸透タイプで商品を探すことにしました。




塗料に記載されている樹種の意味


塗料に記載されている樹種は、ウッドデッキの材料のものを選べということではなく、単に仕上がりの色を示しているそうです。

つまり、例えば、我が家のウッドデッキがパイン材を使用していた場合、パイン材の塗料を選ぶ必要はないということでした。

仕上がりの色に関しては、現状の色合いよりすこし濃い色を選ぶと違和感がなく仕上がるそうです。



樹種を調べる必要がなくてホッとしました。





塗装道具


塗装道具はローラーまたは、はけがあります。



ローラーは均一に塗れるが、ローラーをしみこませる為に塗料をたくさん使う。



はけは細かい箇所まで塗れるが、仕上げに時間がかかり均一に塗りにくい。



値段も考慮した結果、はけを選択しました。



安っぽいはけはすぐにパサつくので、値段で選ばないほうがよいそうです。




その他必要な道具


■塗料を入れる容器
⇒容器に移さず塗料に直接はけを入れて塗装するので購入しない



■建物や地面など、塗装しない部分を守るマスキング
⇒塗料が飛び散るのが怖いので購入



■油性塗料を落とすうすめ液(シンナー)
⇒油性塗料でないので購入しない




とそれぞれ決めました。





以上を踏まえて購入したものは↓↓

f:id:tanuk:20190722215254j:plain

・DCM 布コロナマスカー:129円(税抜)

・塗装用はけ:753円(税抜)

・水性ガーデン用カラー0.7L(3畳用)ライトオークカラー:1,814(税抜)

【合計】:2,696円(税抜)



予算(5,000円)以内に収めることができました。












【13:00】塗装開始


ウッドデッキも乾いたので、簡単に昼食を済ませ、塗装を始めました。





f:id:tanuk:20190722215350j:plain

まずはマスキングから。テープとナイロンが一緒になった『布コロナマスカー』はすごく使いやすくて、文明の利器を感じました。笑










f:id:tanuk:20190722214758j:plain

色は現状の材より少し濃いめの、『ライトオーク』を選択しました。










f:id:tanuk:20190722223904j:plain

中はこんな感じ。








f:id:tanuk:20190722215211j:plain

マスキングが完了したら、私の出口を確保するために、奥側(玄関側)から塗っていきました。
ばさばさしていた「はけ」は次第に塗料になじんで、しっとり塗りやすくなっていきました。








f:id:tanuk:20190722215005j:plain

半分くらい完了。なんとなくツヤがでてきた?








f:id:tanuk:20190722215138j:plain

手すりのたすき掛けが難しい……










f:id:tanuk:20190722215048j:plain

なんとかひと通り完了しました。
塗料は半分くらい使いました。










f:id:tanuk:20190722215000j:plain

乾燥するまで2時間ほど休憩します。









【16:00】二度塗り開始


f:id:tanuk:20190722214947j:plain

完全に材が乾いたら二度塗りします。
一度経験しているので感覚が掴めてきました。










f:id:tanuk:20190722215332j:plain

たすき掛け部分に死節発見。
気づきたくなかった。……










f:id:tanuk:20190722215355j:plain

あともう少し。










f:id:tanuk:20190722215107j:plain

二度塗り終了!!





あとは2時間ほど乾くのを待つだけ。










【18:30】マスキングを取り外して完成!!


f:id:tanuk:20190722214827j:plain










【before】

f:id:tanuk:20190722215345j:plain










【after】

f:id:tanuk:20190722214914j:plain

写真では分かりづらいですが、実際に見てみると塗った後と前では全く違います。










【before】

f:id:tanuk:20190722215123j:plain










【after】

f:id:tanuk:20190722215036j:plain

材を拡大するとわかりやすいです。
木が生き返ったようです。










【before】

f:id:tanuk:20190722214821j:plain










【after】

f:id:tanuk:20190722215128j:plain

一番気になっていた一段目も修復できました。










【住み始めた頃の写真】

f:id:tanuk:20190427094148j:plain










【今回の修繕】

f:id:tanuk:20190722214943j:plain

すこし木目が消えましたが、以前と遜色ないほどに修繕できました。










f:id:tanuk:20190722214909j:plain

しかしながら塗り方が甘いところもチラチラ……





反省して次回に活かします。









反省点

・マスキングした場所が少なく、塗り目が雑になってしまった箇所があったり、地面に塗料がぽたぽたとこぼれてしまった。

・最初の塗装で半分しか塗料を使わなかったので、最終的に余らせてしまった。

・途中、小雨が降ってきたので、1日中晴れの日に作業すべきだった。




不器用な私でも何とかなったので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。塗る作業はとても楽しかったです。