【DIY】エアコン室外機に遮熱パネルを取り付けてみた

f:id:tanuk:20190708213012j:plain

 







これから夏本番に入るなかで、電気代でネックとなってくるのが冷房です。少しでも冷房の省エネ効果を高めるために、室外機に注目してみました。




現状の室外機

f:id:tanuk:20190708212554j:plain



・南面にあり日陰が一切ない
・夏場はヤケドする程熱い
・人目が通る場所でない



10畳用と消費電力が大きいエアコンに焦点を当てました。真夏はヤケドするほど熱いので気になっていました。




室外機を遮熱するとどんな効果がある?


室外機は部屋の中にある暑い空気を外に逃がす役割があります。
室外機に日光が当たり、本体や周辺の空気が熱くなってしまってしまうと、多くのエネルギーが必要になり、電気代も割高になってしまいます。



f:id:tanuk:20190709123758j:plain

出展:「ダイキン工業株式会社」 空気の学校

実際に遮熱パネルを取り付けてみた


省エネ効果を高めるため、遮熱パネルを取り付けてみました。





事前に室外機の上端の縦横寸法を測っておきましょう。



全て同じ寸法に見えますが僅かに異なります。





購入するサイズが検討できたら、ホームセンターやインターネットで遮熱パネルを購入します。予算は500円〜2,000円ほどとお手頃価格です。











f:id:tanuk:20190708212542j:plain

アルミパネルとそれを止めるベルト、計3点セット。取り付けはめちゃくちゃ簡単です。










f:id:tanuk:20190708212525j:plain

まずは片方の穴に上からベルトを通して……











f:id:tanuk:20190708212530j:plain

ベルトを室外機にぐるっと一回転させ、もう一つの穴に下から通してベルト同士装着させます。











f:id:tanuk:20190708212519j:plain

反対側も同じ作業をして完成。
長さが余ったらぐるぐるに巻きつけます。










f:id:tanuk:20190708212549j:plain

ベルトが長すぎて多少不格好ですが……笑



これで準備万端です。あとは省エネ・節電を期待しましょう。














この記事をもちましてお陰様で100記事となりました。
このブログを読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。
これからも家づくりのお役に立てる情報を提供して参りますのでよろしくお願い致します。m(_ _)m