【web内覧会】バルコニーに憧れていたあの頃

f:id:tanuk:20190705221828j:plain

 






私自身、今まで暮らしてきた、実家やアパートにバルコニーがありませんでした。なので、小さい時は友達の家にある大きなバルコニーが羨ましくてたまりませんでした。笑





f:id:tanuk:20190705221828j:plain

こんな大きな開放的な家に住みたいと思っていました。





そして、実際に家を建てることになり、打ち合わせをしていく中で、さまざまな問題が発生し、私の家にはバルコニーは合わないと判断しました。



今でも少し後悔はありますが……



今回は、バルコニーのメリット・デメリットや、私の家には合わなかった理由などをご紹介します。




バルコニー・ベランダ・テラスの違い


ところで、バルコニー・ベランダ・テラスの違いをご存知でしょうか。



なんとなく……



・バルコニーは高級な家の二階にある屋外スペース

・ベランダはアパートにある屋外スペース

・テラスは飲食店にある屋外スペース



のようなイメージがありますね。



とくに、ベランダとバルコニーはひとくくりにされがちですが、ちゃんとした違いがそれぞれにあります。
事前に、それらの定義を理解しておきましょう。




バルコニーとは


屋外に張り出した屋根のない場所 をいいます。屋根がないので、開放感がある見晴らしのよさが最大のメリットです。例えば、パラソルなどを用いてバカンス気分を味わったり、家庭菜園やガーデニングをするのにも最適です。

f:id:tanuk:20190705221818j:plain









ベランダとは


屋外に張り出した屋根のある場所をいいます。夏の強い日差しを遮ることができるので、それが冷房の節電になります。また、雨風も防いでくれるので、雨がふってきても急いで洗濯物を取り込む必要がありません。

f:id:tanuk:20190705221823j:plain









テラスとは


屋根の有無関わらず一階の屋外にある場所をいいます。リビングの掃き出し窓と繋がっているウッドデッキなどがその一例です。
外部の視線を遮ってバーベキューや手持ち花火なんかをする際にも使用されています。

f:id:tanuk:20190705221814j:plain










バルコニーがあるメリット

暮らしが楽しくなる


子どもが鬼ごっこやビニールプールで遊んだり、家庭菜園に挑戦してみたり、家族でバーベキューをしたり、肌を焼いたりする等、さまざなな活用ができます。
また、喫煙場所にもなるので、わざわざ外で吸う必要もなくなります。




家事がラクになる


二階は陽当たりが良く視線も気にならないので、洗濯物が早く乾きます。また、手すりを活用して布団を干すことができます。



干した後のお布団で寝ると幸せな気分になりますよね。



いっぽうで、生ごみや資源ごみの一時保管場所にもなったり、もしもの時の避難場所としても有効です。




バルコニーがあるデメリット

雨漏りのリスク


下地材であるFRP防水は、約10年ごとにメンテナンスが必要になります。(予算は5~7万円)  
いっぽうで、防水施工が悪いと経年的に劣化していき、雨漏りが発生しやすくなります。
なので、施工は安さ・速さではなく信頼できる業者に頼むのが一番です。

f:id:tanuk:20190705221834j:plain

出典:「雨漏り110番」 ルーフバルコニーからの雨漏り 南大阪店

防犯的な弱点


バルコニーが広いと物置や車庫など、よじ登ることができる足場が増えてしまいます。また、プライバシー確保の為、視界を遮っている物件が多く、泥棒にはもってこいの場所になります。  
したがって、強化ガラスや防犯カメラを設置するなどの対策が必要です。




私がバルコニーを設けなかった理由

フレンチカントリーな外観


設計士が『外観がフレンチカントリー調なので、バルコニーを設けるとファサードが悪くなってしまう』とアドバイスをもらいました。
確かにフレンチカントリースタイルはシンプルでスッキリとしたデザインなので、私自身もバルコニーが取り付いた外観が想像つかなかったのもあり断念しました。



フレンチカントリーとは文字通り、フランスの田舎にある家がモデルになっています。





Mamanシリーズが有名です。↓↓




一階にファミリークローク・サンルームを設けた


二階が無くても生活できるくらいサービスエリアを一階に集約しました。外部にも布団が干せる程度の物干しスペースがあるので、とくべつベランダで洗濯物を干すことはないだろうと判断しました。





f:id:tanuk:20190413223051j:plain

サンルームです。
少し陽当たりは悪いですが沢山干せます。サンルームに続く勝手口にも物干しスペースがあります。








f:id:tanuk:20190413223050j:plain

この大きなファミリークロークは私のお気に入りです。





ファミリークロークに関しては先日のブログで紹介致しました。↓↓




2階から見える景色がよくない


寝室から見える景色が隣家な為、見渡せる景色がなく、プライバシーも懸念しました。
また、家族全員が非喫煙者で、頻繁に外に出るきっかけがないのも理由のひとつです。





まとめ

バルコニーを採用する前に……



・バルコニーと外観がマッチするか

・洗濯物をどこで干す予定か

・バルコニーで何をしたいか

・良い景色か



を吟味し、『本当に必要か』検討しましょう。



初期費用やメンテナンスがいくらかかるかをあらかじめ工務店に聞いておきましょう。