【web内覧会】ファミリークロークは絶対に後悔しない?

f:id:tanuk:20190413182606j:plain

 






我が家のお気に入りは『ファミリークロークがある』ことです。非常に役立つことが多く、ぜひともこれから家を建てる人に設けてほしいと思い、この記事を作成しました。




ファミリークロークとは



家族が共有できるクローゼットをいいます。家族全員が使用するので、二階の個室ではなく一階に取り入れられることが多いです。通常のクローゼットよりも面積が広いため使い勝手がよく、洗濯物をしまうタンスを置いたり、更衣室にしたり、季節家電をしまったり、……
さらには、本棚を置いて書斎としても活用できます。




メリット

階段の登り降りが減る


一般的に着替えや生活必需品などはファミリークロークに。季節用品や、お雛様やクリスマスツリーといった、ほとんど使用しないものは二階のクローゼットに収納するケースが多いです。したがって、自然と『物を取りに二階へ上がる』回数が減ります。
また、ファミリークロークをキッチンや洗面所の近くに配置することで家事動線も減り、利便高い生活を送ることができます。




大きい荷物を二階まで運ばななくてOK


最も大きな収納スペースが一階にあるので、重くて大きい荷物を二階まで運ぶ必要がなくなります。



したがって……

・階段幅が狭くて運べない
・踏み外して大ケガ
・力がある人手が足りない
・腰が痛くなるetc……


といったのさまざまな問題を解決してくれます。




部屋が片付く


何から何まで収納できるので、リビングやダイニングの物がスッキリ片付きます。
この時に『とりあえずファミリークロークにしまっておけば良いか』という考え方になってしまうと、『物を買いすぎる性質』にもなりかねないので、注意しましょう。



ファミリークロークに甘えないようにしましょう。笑





デメリット

一階の間仕切りが限定される


面積が広いファミリークロークを希望すると、一階に和室やサンルームが配置できなかったり、リビングが窮屈になってしまう恐れがあります。
建てる家が30〜45坪だと私の家のように、リビング以外にくつろぐ部屋がない状態になりかねません。



和室かファミリークロークかサンルームか……悩みどころですね。




プライベート空間との両立が難しい


例えば更衣室として使用する場合、お客さんがリビングにいると、気まづくて着替えにくくなります。
また、クローク内が整理整頓されてないままで、来客中に子供が扉を開けてしまうと、リビングからクローク内が丸見えになってしまうケースも多々あります。




平面プランが難しい



一階のどこに配置するのかも悩みの種です。洗面所、ダイニング、ホールなどに隣接させたいところですが、面積が広いので家の中心、つまり、リビングの近くになってしまうことが多いです。
中でも小規模住宅だとプランニングが難しく、ファミリークロークを断念せざるを得なくなってしまうこともあります。



リビングと近くなってしまうと、【プライベート空間との両立が難しい】で説明した問題が発生してしまいます。





我が家のファミリークローク



f:id:tanuk:20190430162954j:plain 

面積は1.5坪と広く、現在も収納スペースにあまりがあるほど容量たっぷりです。





洗面所と繋げたかったのですが、プラン上難しくて諦めました。
用途は更衣室や物置、衣類収納と多岐にわたって活用しています。
とくに朝の寒い日は、エアコンが付いた暖かい一階で着替えることができるので快適です。










f:id:tanuk:20190413223050j:plain

奥行きは2.7mほどあります。









フローリングを陸続きに


個人的にパイン材が気に入っており、リビングとの関連性ももたせたい為、フローリングを陸続きにしました。




扉を壁の色と統一


f:id:tanuk:20190413182606j:plain

来客に目立たさせたくないように、壁の色と同化させました。



隠し扉っぽくなり、逆になんの部屋か気になる人もいます……笑




長方形な平面プランに変化を


平面図を見てもお分かりでしょうが、ファミリークロークがない場合、LDが単純な長方形と、味気ない大空間になってしまいます。
ここに間仕切りを追加することで、ダイニングやリビングから見える景色に変化をもたらし、
カウンターで勉強する際にも、リビングからの視線を妨げる役割もあります。





メリットだけではなく……



上記にも少し触れましたが、よく来客中に、子どもがはしゃいでファミリークロークの扉を全開にします。
間取り上、ソファからクローク内の様子が丸見えなので、簡易的な鍵でも設ければよかったと少し後悔しています。




まとめ


ファミリークロークは……



・階段の登り降りが減ってリビングやダイニングが片付く

・小規模住宅ではプランニングが難しく、和室などが設けられない場合も多い

・リビングと隣接している場合は鍵の取り付けを検討すべし





収納スペースは絶対に後悔はしないので、是非ご検討してみてください。