【お役立ち】小上がり和室に隠された役割とは

f:id:tanuk:20190627000418j:plain

 







小上がり和室については前回も少し触れましたが、さらに解説したいことがあった為、この記事をつくりました。

私の家はちょうど良いスペースがなく、小上がり和室を設けられませんでした。



そもそも和室を設けられませんでした。



そんな中、知人の新築へお邪魔した時に、小上がり和室を見て......



・縁(敷居)に座れてラクだなぁ

・以外に収納スペースが広いぞ

・やっぱり和室って落ち着くなぁ

・客室としても利用できるな



など、少し羨ましく感じました。




小上がり和室とは

300~500mm程高くしたエリアに、琉球畳などを敷いた和室のことです。
通常の和室ほど重々しい雰囲気がなく、気軽に上がってくつろげる空間に仕上っています。
主に、リビングの中に取り入れられます。

f:id:tanuk:20190627000429j:plain




メリット

畳が汚れにくい


段差があるのでゴミや埃が溜まりにくいです。




下部にスペースが生まれる


衣類や書籍、雑貨はもちろん、ルンバなどを収納するスペースを確保できます。

f:id:tanuk:20190627000418j:plain




収納がつかない仕様もありますので、事前に確認しておきましょう。




段差を活用できる


縁(敷居)に座ることでイスの代わりになります。そのままゴロンと横にもなれます。
また、段差があることで立体感が生まれ、特別な部屋である雰囲気を感じます。

f:id:tanuk:20190627000424j:plain




デメリット

本格的な和室には合わない


小上がり和室は堅苦しくない『お手頃さ』があります。いっぽうで、化粧柱や鴨居、長押、廻縁、台輪などがある真壁和室となると、閑静で厳かなイメージがあるので、設計・景観的にミスマッチになるしれません。




インテリアのデザインが難しい


全壁が少ないので、家具や家電を置く場所に苦労するでしょう。
さらに、板の間がない畳だけの場合、物を置くと畳に跡が着いたり、景観的にもよろしくありません。





赤ちゃんやお年寄りに不向き

バリアフリーにならないので、昇り降りが危険・不便と感じる人も少なくありません。



和室だからといっておじいちゃんおばあちゃんの部屋として採用すると、かえって不便で居心地悪く感じてしまう恐れもあります。




私が小上がり和室をオススメする理由

掘りごたつを設けられる


冬に暖かく、夏は机としても使用でき、ゆったりとした姿勢でくつろぐことができます。

f:id:tanuk:20190627001012j:plain

出典:「イエタテ」TDホーム静岡西 ウエストンホームズ 中庭のある贅沢な平屋の暮らし

いつか料亭のように、掘りごたつで家庭料理を食べてみたいという憧れがありました。笑




赤ちゃんを寝かしつけられる


まだ首が座っていない赤ちゃんは、毎日2階の寝室まで抱っこして連れていくより、畳で寝かしつける方が危険性も少なく健康的です。




段差が危ないので、寝かしつける以外は使用させないようにしましょう。




部屋に個性が生まれる


部屋(リビング)にアクセントが生まれ、個性的な空間に変貌します。リビングがシンプル過ぎて味気ない場合は是非取り入れてみてはいかがでしょうか。



小上がり和室のデザインはここまで進化しました。↓↓










f:id:tanuk:20190627000357j:plain

スッキリしたリビングとは対称的に、和モダンで落ち着きある仕上がりになっています。


出典:「田中建築」御殿場市萩原 I様邸








f:id:tanuk:20190627000402j:plain

半円の目隠しが印象的で、掃き出し窓が取り付いた明るい空間になっています。

出典:「田中建築」モダンデザイン御殿場市茱萸沢 S様邸








f:id:tanuk:20190627000353j:plain

スタイリッシュでオシャレな雰囲気に安らぎを与えています。

出典:「SUVACO」岩堀未来建築設計事務所 筒の家2








f:id:tanuk:20190627000347j:plain

子どもたちが一生懸命勉強している様子が想像できます。

出典:「高橋開発株式会社」みんなのブログ “小上がり”のすすめ(2回目) 〜アレンジ紹介〜

これから小上がり和室を計画する人へ


デメリットのひとつとして、部屋(リビング)が狭くなるといったことも挙げられます。

家づくりの際に...



多少リビングが窮屈になっても小上がり和室を設ける!!



と設計士に無理をいってプランを計画して頂いたとします。





しかし実際に住んでみると......



・テレビとソファが近い

・ローテーブルが置けない

・リビングでゴロゴロできない



などの問題が発生してもおかしくありません。





したがって掘りごたつを設置した時の家具・家電の配置を計画しておくことが重要です。
また、面積をとるので、30坪前後の小規模住宅には向かないことも覚えおいて下さい。




まとめ

小上がり和室は...

・掘りごたつが設けられる

・赤ちゃんを寝かしつけられる

・空間にアクセントが生まれる

・リビングの家具・家電の配置計画を事前にしておく

・30坪前後の小規模住宅には向かない



心の片隅に入れておいて下さい。