【web内覧会】とにかく書斎が欲しい件

f:id:tanuk:20190620223155j:plain

 







家づくりの際に、書斎が必要・不必要かを、悩んだり夫婦間で揉めたりするケースが少なくありません。



私もそのひとりです。



2階寝室にある小部屋を、書斎にするかクローゼットにするか悩みました。
最終的にはクローゼットを採用し、1Fダイニング傍にあるカウンターを作業場所とする選択をしました。





f:id:tanuk:20190620223209j:plain

ダイニングの窓際にカウンターを造作










f:id:tanuk:20190620223205j:plain

子どもと並んで勉強できる意図も込められています。



しかし......



ダイニングは人が集う場所なので、リビングから聴こえるテレビの音や、後ろから感じる視線が気になり、全く仕事に集中できませんでした。



最近はやっと慣れてきましたが……



なので、2階の小部屋をクローゼットではなく書斎にすれば良かったと後悔しています。





この『私の家づくりの失敗談』を踏まえて、書斎がもたらす効果や役割を解説していきます。




書斎とは


読書や書き物をするための部屋です。昭和前期までの日本の書斎は、畳に和机のスタイルが一般的でしたが、近年では、机や本棚、パソコンなどが備えられ、仕事場としても使用されてます。

f:id:tanuk:20190620225738j:plain




メリット

趣味に没頭できる


プラモデルや読書、編み物やフラワーアレンジメントなど、集中力を要する趣味は書斎で作業すると捗ります。
また、物を散らかしても他の人が触れることは無いので、部品などが無くなる心配もありません。




仕事に集中できる


家に仕事を持ち帰る時は、就業中に仕事を片付けられなかった場合が多いと思います。なので、早く終わらせなければならない環境下の中、集中できる書斎は最適な場所であるといえます。




デメリット

優先順位が低い


『2階にトイレやクローゼットを設けた方がよい』
という考えの人も多いのではないでしょうか。
そのことで夫婦間で揉めて、家づくりが楽しくなくなる恐れもあります。




収納が足りない


物が多くなり、部屋が狭くて収納スペースが足りず、机の上が散乱しがちです。




私が書斎は必要だと思う理由

パブリックスペースが片付く


趣味があると物が増えます。
例えば書斎が無く、ダイニングで趣味であるプラモデルを作り、完成した作品を次々とリビングに飾ったりすると、ゴチャゴチャした空間になってしまいます。
書斎があれば、物が増えても人目につくことはほとんどありません。
つまり、言い方が悪いですが、書斎は物置小屋としても活用できるということです。









f:id:tanuk:20190620223205j:plain

私の家のカウンターも物が多くてゴチャゴチャして見えます。




夫婦・家族が円満に


新築した頃は、『夫婦・家族皆でリビングで過ごしたいので書斎なんていらない。』
と思う人がほとんどです。
しかし、何十年もその家で暮らす場合、喧嘩してその場に居づらい、頭を冷やしたい、1人でぼーっとしたい場面はどうしても訪れます。
現に、それぞれが趣味を楽しんだり気分転換できるスペースがあるおかげで、円満だという家族も多いです。




書斎かクローゼットか迷っているあなたへ


でもやっぱりクローゼットの方がメリットが多いような......



気持ちはすごいわかります。




ちょっとした工夫でクローゼットと書斎が併用できる


なかなか答えを踏み出せない人は、ズバリ、『クローゼットに少しスペースをつくって、コンセントを設置』すれば万事解決します。



・普段はクローゼットとして

・何かに没頭したい場合は、机と椅子を取り出して書斎に



コンセントがあるとパソコンやペンダントライトを使用できるので、快適な空間になります。










f:id:tanuk:20190620223150j:plain

出典:「イエタテ」
幹工務店 家事ラク動線&収納上手で共働きでもお洒落な暮らし

実際に併用した事例も数多いです。
見た目は埃っぽく窮屈そうですが、音や視線を感じなくて居心地が良いそうです。




書斎がなかったらつくれば良い!!


家を建てた後に書斎がほしくなった。



そんな時は、家全体を見渡して『ちょうど良いスペース』を見つけましょう。




ちょうど良いスペースとは


私の家の場合は......










f:id:tanuk:20190620223213j:plain

例えば階段下 。(クローゼットがありますが。)
できればコンセントが近くにあると、なお良しです。










f:id:tanuk:20190620223146j:plain

出典:「株式会社クラス」
【施工事例】~こもり感がある居心地の良い書斎~

段板の下がり壁が『お一人様』の空間を演出できます。
(※写真はイメージです。)










f:id:tanuk:20190620223226j:plain

f:id:tanuk:20190622210821j:plain

部屋の中で最も静かな、寝室のコーナーを利用するのもGoodです。









机と椅子を設置するだけ

ちょうど良いスペースを見つけたら、寸法を図って、マッチした椅子と机を設置できれば書斎の完成です。









f:id:tanuk:20190620223155j:plain

椅子と机があればそれだけで十分






失敗しない空間づくり


書斎を検討してみようかな



と感じた人の為に失敗しない空間・インテリア手法をご紹介します。




人目が多い場所は絶対にNG


私の自宅のように、パブリックスペース(リビング・ダイニング等)は書斎に向いていません
人が集う空間は、目線やテレビの音が気になって、次第に使わなくなり、最終的に荷物置き場になってしまいます。




窓がデスクのそばにある


小さい窓ひとつあるだけで、心を落ち着かせてくれたり気分転換になります。
陽の入り方によっては、眩しくて作業しにくい場合もあるので注意が必要です。




狭い空間のコーナーに


トイレのように狭いスペースはプライベート空間を作りやすいので落ち着きます。
いっぽうで、部屋の角は机をピッタリ設置できて、窓も近いので、好まれるパーソナルスペースです。



2畳もあればリラックスして作業ができます。




おちついたインテリア


彩度が強い壁紙を取り入れていたり、インテリア雑貨をたくさん飾っていると、ギラギラして目が疲れたり、集中力もなくなります。
白系統のナチュラルな壁紙で、飾りすぎないスッキリとしたインテリアに仕上げましょう。






f:id:tanuk:20190620223159j:plain

私が理想とする書斎です。こんな部屋がほしかった。笑




まとめ



・書斎があるといつまでも夫婦・家族が円満になる

・リビング・ダイニングにある物が片付く

・クローゼットにコンセント設置するだけで書斎としても併用可能

・家を見渡し、ちょうど良いエリアを見つけて机と椅子を設置するだけ

・人目が通りやすい場所はNG



ぜひとも家づくりのご参考にして下さい。