【web内覧会】上がり框を目立たせない理由

f:id:tanuk:20190608225254j:plain

 






靴を脱いで最初に触れる上がり框は、家に入ってくる人をやさしく迎えてくれます。
昔は『家の顔』と呼ばれているくらい重宝されており、ケヤキやカエデ、カバザクラなどの高級素材を取り入れているところもありました。
いっぽうで我が家の上がり框はというと、さまざまなな経緯・理由から、フローリングの素材(パイン材)と一緒にして目立たせないようにしました。

今回は、上がり框の特徴や役割、私の上がり框に対するこだわりをご紹介します。



上がり框とは


上がり框とは玄関ホールの段差に水平に渡された横木をいいます。



f:id:tanuk:20190608225251j:plain

説明だけでは分かりづらいですが、写真を見るとピンとくるでしょう。





昔から『家に上がる境界線』として重要視されてきました。
さらに、例えば、『回覧板やおすそ分けを渡しにに来たついでに、上がり框に座って小話』なんてこもしょっちゅうありました。
素材は木材が主流ですが、最近はタイルや石材を取り入れる物件も増えています。
形状は直線状のものが一般的です。いっぽうで、分譲住宅やアパートなどは、少しでも広く見せるため、框を斜めにすることも多いです。
また、洋風住宅では、半円状の形で大理石素材を用いた、高級感あふれるデザインを施しているところもあります。




役割

玄関の先端をきれいにまとめる


床の下地材の断面を見せない役割があり、玄関端部を框で止めると、ガサガサな断面が隠れてスッキリ納まります。




組み合わせでもたらす個性


直線状、斜め、カーブなどの形状。木材、石、タイルといった素材。フローリングやクッションフロアなどの床の仕上げ材を組み合わせることで、自分の家にしかない上がり框をデザインできます。




段差があることを知らせる


床材と違う色にすることで、すぐ下に段差がある目印になります。お年寄りや体の不自由な方にとっては大変効果的です。




つまづきにくい・怪我しにくい


固くて耐久性があり、なめらかな素材が多いので、玄関あがりきりの段差でつまづいても、怪我の悪化を軽減できます。




我が家の上がり框


我が家の上がり框はこのようになっています。↓↓



f:id:tanuk:20190608225253j:plain

フローリングと全く同じパイン材にしています。一見フローリングが陸続きになっているようにみえます。

写真のとおり、できる限り上がり框と意識させない工夫を提案しました。
これからその理由をご説明します。




重々しい雰囲気をなくすため


家づくりの際、『誰もが意識せず気軽に出入りできる玄関』を目指しました。
上がり框はどうしても格式高い雰囲気をつくり出してしまうので、その重々しさを軽減したかったのが理由です。



f:id:tanuk:20190608225300j:plain

重々しい雰囲気をイメージして頂く為、先端を黒くしてみました。(分かりづらいですが……)




フローリングの均等美をみせたい


パインのフローリングが大変気に入っており、それを玄関ホール全てに取り入れたいという想いがありました。
さらに、ディテールにこだわって、フローリングと框の横幅を玄関先端まで均等に配置してほしい私のワガママもありました。笑


結果的に、大工さんや設計士に無理を言って仕上げて頂きました。



f:id:tanuk:20190608225250j:plain

f:id:tanuk:20190608225254j:plain

フローリングの横幅と框を均等に配置するのは非常に難しく、緻密な計算・設計が必要です。




インテリアにマッチさせる


玄関マットや傘立て、備え付けシューズクロークなどのインテリアデザインを選びやすくする為、なるべく多色多種にしないこと心掛けました。















これは、床材がフローリングであった為、実現できました。クッションフロアなどの場合はどうしても上がり框が目立ってしまいます。


f:id:tanuk:20190608225252j:plain

我が家の勝手口です。
少し違和感がありますが、あまり人目につかない場所なので問題なしと判断しました。




我が家の玄関マット


ついでに我が家の玄関マットをご紹介します。


f:id:tanuk:20190608225259j:plain


仕様
【商品名】:ボーダー模様 ロングマット
【ブランド】:ルーブルタール
【素材】:綿100%
【サイズ】:45×120cm
【色】:ネイビー




選んだ理由

リビング出入口の扉に合わせた色


統一性をもたらすため、リビング出入口の扉と合ったネイビーを探していました。
いっぽうで、ネイビー単色だと強いので、アクセントがあるデザインを探している中、この商品に出会いました。


f:id:tanuk:20190608225258j:plain




私たちに出来ること


正直、上がり框のデザインまで打ち合わせする工務店はほとんどありません。
なので、框にはどの素材や色を使用する予定かを確認して、ホールの床材に合うかをイメージしてみましょう。
想像していたイメージと違う場合は、設計士やコーディネーターに早いうちに打診しましょう。


私の場合、少しこだわり過ぎたのかもしれませんが……