【住み良い家】洋風住宅にはオシャレなアメリカンスイッチを

f:id:tanuk:20190529082349j:plain

 







家を建てるにあたって、私たち夫婦は、それぞれの『こだわり』をできる限り詰め込みました。

私の場合は……

・天井を高くして化粧梁を見せたい

・ウッドデッキが欲しい

・玄関の土間はデザインコンクリートで装飾

・カウンターが欲しい

・電気スイッチにこだわりたい

などを希望しました。



なかでも外観をカントリー調にするにあたって、電気スイッチは洋風な、アメリカンスイッチを採用しました。

そこで今回は、アメリカンスイッチの特徴やメリット・デメリットを紹介します。




特徴

埋込スイッチ


f:id:tanuk:20190529080430j:plain


一般住宅では、手のひらでポンっと押す埋込スイッチが主流です。
どの部屋にも対応でき、老若男女誰しも使いやすいのが特徴です。
しかしながら、デザイン性はシンプル過ぎて少し物足りません。




アメリカンスイッチ


f:id:tanuk:20190529080431j:plain


アメリカンスイッチを見てみましょう。誕生してから100年以上経ちますが、日本の住宅ではあまり見かけないかと。
そのスタイリッシュなデザインはどこか懐かしさを感じます。
レバーを上下する動作も、まるで機械を操縦するような楽しももたらします。

なお、私の家はLEVITON社製のスイッチプレートを採用しました。




メリット

デザイン性が高い


クラシックでシンプルなデザインは、インテリアをさりげなくおしゃれにしてくれます。
陶器でできたプレートは高級感があり、手触りもGOODです。
ネジ山の丸みも一つのアクセントとなり、こういった細部のこだわりが空間の質をぐっと上げてくれます。




多数のスイッチをまとめることができる


埋込型はサイズがあるので、スイッチをまとめると、場所をとってデザイン性も悪くなります。
いっぽうで、アメリカンスイッチは上下レバーを並列することで、コンパクトにまとめることが可能です。




デメリット

価格が高い


埋込型に比べれば若干割高です。
しかしながら、アメリカンスイッチも普及品なので、価格差はほんのわずかです。




どの照明のスイッチか判別できない

上下レバーを並列してコンパクトにまとめられる反面、どの照明のスイッチか初見では判別できません。
未だに私も間違えてしまいます。笑




マイホームのアメリカンスイッチ


実施設計の最終段階でスイッチのデザインを打ち合わせしました。当初は全てアメリカンスイッチにする予定でしたが、予算オーバーでした。笑

そこで人が集まりやすい玄関ホールとリビング にアメリカンスイッチを導入し、寝室や子ども部屋といったプライベートエリアや、洗面所やトイレなどのサービスエリアは、使い勝手が良い、埋込式を採用しました。



f:id:tanuk:20190528121133j:plain



f:id:tanuk:20190529080432j:plain

キッチンにインターホン・エコキュートとともにスイッチを設置。



f:id:tanuk:20190529080433j:plain

プライベート・サービスエリアは使い勝手が良い埋込式に。





その他のオシャレなスイッチ


他にもオシャレなデザインがたくさんあります。
何点かご紹介しますので、家づくり・部屋づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか。




NK SERIE


f:id:tanuk:20190528145708j:plain

出展:「神保電気株式会社」製品案内


神保電気株式会社製のNK SERIEです。
垂直・水平線が強調されたシャープでシンプルなフォルムです。
デザイン性だけでなく、スイッチの角ばった大きさや発光するライン状の位置表示など、機能性も抜群です。
また、手触りを心地よくする為、物理的にシワ模様をつけるシボ加工を施しています。
色はホワイト、グレー、ブラックの3種類あります。






フォーブズ&ロマックス社製の商品


欧州で人気のあるフォーブズ&ロマックス社製は、クオリティーが高く、高級ホテルにも導入されています。
アイデンティティが強く、つい押してみたくなるようなスイッチが目白押しです。





f:id:tanuk:20190528145707j:plain


工業的デザインのトグルスイッチ。点灯・消灯以外にも何か起こりそうな「カチッ」と手応えあるON-OFFが魅力です。





f:id:tanuk:20190528145706j:plain


透明プレートもあります。個性が強いトルグスイッチが壁紙や部屋の空間に馴染みます。





f:id:tanuk:20190528145704j:plain


アンティークゴールドのプッシュスイッチ。
個人的に1番押してみたいです。笑
トイレや書斎など、限定的に用いるのも良いかと。





f:id:tanuk:20190528145703j:plain

出展:「​照明用デザインスイッチサイト・オノフォン」 Forbes & Lomax


アンティークブロンズのスイッチ。鉄骨造の男らしいシックな部屋にピッタリです。





フォーブズ&ロマックス社製品は輸入品です。そのほとんどが「onoffon - オノフォン」というサイトで取り扱っています。




ラフィーネアシリーズ


f:id:tanuk:20190528145705j:plain


出展:「Panasonic」 ラフィーネアシリーズ


シンプル過ぎるのも、ゴテゴテし過ぎるのもイヤという人は Panasonic製のラフィネアシリーズがピッタリかと。
余計な装飾をすべて脱ぎ捨て、存在を主張しない、シンプルで美しく洗練されたデザインは、きっとどの部屋にもマッチするでしょう。




比較的男性の方がスイッチにこだわりをもっています。
家づくりの際に、工務店に商品の取り寄せ・施工を依頼するのが最も効率的です。
いっぽうで、DIYの範ちゅうで施工可能なので、費用を削減したい人は是非チャレンジしてみて下さい。