【お役立ち】2階にリビングはオススメ?

f:id:tanuk:20190521080533j:plain

 





近年、2階にリビングを設ける家が増えつつあります。
『2階リビング』は、日当たりが良く、プライバシーを確保しやすいので、 家族が自然とリビングに集うといった住環境の良さがあります。
いっぽうで、設備面や家事動線では非効率的という見方もあります。

今回はメリット・デメリットについて、それぞれ解説していきます。




メリット

オシャレなシンプルモダン


さまざまなメリットがありますが、外観をみると、オシャレな家と興味を引く人も多いでしょう。

・「バルコニーが広そう」

・「ファサードがインパクト大」

・「開放感がありそう」

と家の中に入ってみたくなるような魅力を感じます。


f:id:tanuk:20190520123134j:plain

「ハンズスタイル株式会社」 works
01 高性能スタイリッシュ | ハンズスタイル株式会社 - HANDS STYLE

日当たりや眺めが良い


2階にリビングを提案するなかで、『日当たりが良い家』を売り文句にしているところが多いです。

本来、プライベートエリアである寝室や個室よりも、パブリックエリアであるリビングのほうが日当たりを重視します。したがって、2階にリビングをもってくる計画は利にかなっています。

さらに、外からの眺めも良好で開放感があるのも魅力的です。視界を遮るものが少ないので、大開口な窓をとって広々とした空間に仕上げられます。

・「大きなバルコニーで夜景を楽しみながらディナー」

・「人目を気にせずにパジャマ姿で朝日を浴びる」

なんて生活も実現できます。




大きなバルコニーがつくれる


庭との関連性はもてませんが、その代わりバルコニーとの相性バツグンです。

・「ビニールプール遊びも着替えがラクチン」

・「バーベキューの臭いも隣家を気にしなくてOK」

といった感じで、色々な楽しみ方ができます。

ガーデニングを育ててもGOODです。




庭が設けられない狭小地に最適


プライバシーを確保できるのも大きなメリットです。
住宅が密集した地域では隣家との距離が近いので、1階にリビングを設けた場合、開口計画が難しく、暗い空間になりがちです。

・「隣の家が近すぎてリビングでリラックスできない。」

・「朝でも照明がかかせない。」

とならないように、周辺環境も事前に把握しておきましょう。




天井を高くとれる


2階の床の材配置を考慮しなくても良いので、天井を高く見せたり(高天井)、屋根の勾配に沿った天井(勾配天井)を大々的につくれます。
天井が高く取れるので、広くオープンな部屋に計画できます。


f:id:tanuk:20190520123042j:plain

「ハンズスタイル株式会社」 works
01 高性能スタイリッシュ | ハンズスタイル株式会社 - HANDS STYLE


勾配天井にすることで、大々的な開口部や、天井と軒裏のデザインを陸続きに合わせられ、スタイリッシュな空間に仕上がります。




耐震性が良い


私の家を参考に解説します。

リビングや水廻りなどのパブリックエリア


f:id:tanuk:20190520122411j:plain


寝室や個室などのプライベートエリア


f:id:tanuk:20190520122412j:plain


赤い線は壁(建具)を示しています。
少し分かりづらいですが、プライベートエリアの面積は広くなく、部屋を等分するので、パブリックエリアに比べて壁が多いです。

つまり、1階にプライベートエリアを持ってくることで、壁や柱が多い安定した軸組=地震に強い家に設計できるメリットが生まれます。




デメリット

階段の上り下りが増える


住環境が2階メインになるので必然的に階段の上り下りが増えます。

・「買い物帰りの重い荷物を2階まで運ぶのが大変。」

・「大型家具が階段幅より大きくて持って上がれない。」

・「おばあちゃん、おじいちゃんにとっては不親切。」

・「引越しのとき大変そう。」

などといったネガティブな意見も多いでしょう。
介護的な観点からみると、『1階リビング』の方が断然有利で、『2階リビング』をつくる場合は、老後のことも含めた長期的な目で考える必要があります。




庭とのつながりが薄い


・「敷地いっぱいに芝生広場や家庭菜園などをもちたい。」

・「季節の移り変わりを庭とともに楽しみたい。」

といったように、庭を最大限に活用したくても、2階からではアクセスしにくく、買い物のストックを溜める場所も限られます。
したがって、『2階リビング』だと庭を使う機会は次第に薄れていきます。




水廻りが非効率・コストがかかる


2階にユニットバスを設置する場合、2トン程度の荷重に耐えられるよう、補強工事が必要にります。
また、上階の給排水工事は経済的負担が大きく、メンテナンスも容易ではありません。




夏場の冷房効率が悪い


南向きにリビングを設けても、1階と2階では熱気の取り込み方がまるで違います。

・「ペットが脱水症状を起こした」

・「暑くて、個室に避難せざるおえない」

などにならないように、冷房を2台持ちにするなど、暑さ対策を見越しておきましょう。





それぞれの有りたい住環境や立地条件。気候、将来性を想像しながら、

「オシャレな外観で、日当たりが良く、プライベート空間も確保された2階のリビング家」

「経済性や快適性が高い、落ち着いた1階リビングの家」

のどちらが適するか、ぜひ検討してみて下さい。