【お役立ち】部屋を広く見せるには?

f:id:tanuk:20190516121310j:plain

 




マイホームが完成して新生活が始まったときや、今住んでいる部屋の掃除・模様替えをする際に、部屋を広く見せたいと思う人も多いでしょう。
しかし、家具や雑貨の配置位置や色の選択を間違えると、物が少なくてもゴチャゴチャして狭く見える場合があります。

今回は、少しばかり私の自宅を事例に挙げ、部屋を広く見せるコツを紹介します。




配置位置の工夫で広く見せる方法


今住んでいる部屋の模様替えをする場合、いっさい購入せずに現状の家具や雑貨の配置位置を工夫するだけで、スッキリ広く見せることができます。

「抜け感」をつくる


友人や親戚を迎えた際に、「広い部屋だね」「物が片付いてるね」と感じ取ってもらう印象づくりをしましょう。
最も大切なのが、部屋の入口から見たときの抜け感です。

入口に立ってみたときに視界に物がない状態であれば抜けがある=広いと感じます。
また、背の高い家具を視界から隠す為に、入口付近に移動、配置させると圧迫感がなくなり視界がより開けます。


f:id:tanuk:20190516121310j:plain


私の家の場合、リビングの赤い点から見たときの抜け感が重要になります。


f:id:tanuk:20190518072207j:plain


視界が抜ける方向に物を置かないように検討しましょう。




家具をまとめて配置


物をバラバラに乱雑するのではなく、まとめて配置すると広々感じます。
リビングで例えるなら、ソファやテーブル、棚、ゴミ箱、その為雑貨などの位置に留意しましょう。


f:id:tanuk:20190516121308j:plain


リビングの家具に注目します。(赤く囲った箇所)


f:id:tanuk:20190518072206j:plain


まとめるとスペースを広く確保できます。




床が見える面積を広くとる


先程説明した内容と似ていますが、物をなるべくひとまとめにして、露出している床の面積を広くとりましょう。
わかりやすくいえば、子どもが床でゴロゴロと転がり回れるスペースがあればベストです。




色の工夫で広く見せる方法


新たに家具や雑貨を購入する際は、色の選び方次第でオシャレに部屋を広く見せることができます。

膨張色を選ぶ

白は膨張色、黒は収縮色といわれています。また、白色は光を反射するので明るくさわやかな空間になります。
全て白色にすべきとはいいませんが、部屋全体を淡い色に仕上げるよう意識しましょう。




壁に色をなじませる

壁の色と似た色で統一させると、物がごちゃごちゃして見えず、シンプルな雰囲気になります。





今住んでいる部屋の掃除・模様替えをするだけで、ソファやテーブルなどの大型家具を新調する予定がない場合は、ソファーカバーや、テーブルクロス、カーペット、カーテンを淡い色、または壁の色になじませるだけでも効果アリです。




部屋を広くする家具の選び方


新築や引越しで家具や雑貨を購入する場合は、ただオシャレなデザインを選ぶのではなく、部屋全体をコーディネートする考えが大切です。




背の低いの家具で「横ライン」を強く


背の低い家具は、目線を下げて天井を高く見せたり、圧迫感もないので開放感も生み出します。
リビングテーブルはローテーブルに。収納は腰高程度のものを選びましょう。

また、素材を重厚感のある木材でなく、ガラスや白いプラスチック製。フォルムは細くてすっきりとしたものを選ぶのも良いかと。




カバーやオシャレな雑貨で生活観を消す


ごちゃごちゃした生活観をうまく消すことも大切です。キリがないかもしれませんが、よく使うゴミ箱やティッシュ、充電器などは雑貨屋やインターネットでオシャレなデザインが出回っており、値段もお手ごろです。
家具だけでなく、ディテールにも注目してみましょう。


f:id:tanuk:20190517114712j:plain


フォリオティッシュケースなら、形状を二つに折り曲げているので、省スペースになり、インテリアに合わせて色々な置き方ができます。

商品概要
商品名:+d フォリオ ティッシュケース
ブランド:アッシュコンセプト (h concept)
サイズ:14.5 x 14.5 x 11.9 cm
商品重量:240 g
素材:ABS







f:id:tanuk:20190517114713j:plain


『サン・ハーベスト』の屋根がスイングする、おうちの形のゴミ箱です。
「ゴミ箱っぽさ」がなく、一見インテリアと見間違えてしまうほどです。

商品概要
商品名:おうちのダストボックス
ブランド:サン・ハーベスト
サイズ:20.5×20.5×32.5cm
商品重量:約2kg
素材:MDF(本体)、パイン材突板(屋根)
容量:約4L






部屋に物を置かない


ミニマリストという言葉を聞いたことがあるでしょうが、できる限り部屋に物を置かない意識づけも重要です。

例えばリビングにゴミ箱を置かずに、キッチンにあるゴミ箱まで捨てに行く意識を持つと、自然とゴミの量も減らすことができます。




多面性ある家具を選択する

収納付きテーブルや、ソファベットなどの多機能家具の購入を検討しましょう。


f:id:tanuk:20190517114711j:plain


『岩附』ローテーブルです。
美しいウォールナットの木目模様が高級感を演出しています。ダブル引き出しには、リモコンや小物からA3サイズの雑誌までたっぷり収納できます。

商品概要
商品名:ローテーブル 引き出し付き
ブランド:岩附(IWATSUKI)
サイズ:幅110×奥行48×高さ38cm
商品重量:約21kg
素材:ウォールナット









部屋を広く見せるのも大切ですが、掃除しやすい工夫も大切です。

・机や棚に物を置かない
・コードがを絡まないようにまとめて整理しておく
・掃除機が入るすき間をあけておく

なども注意しながら、是非部屋づくりを楽しんでみて下さい。