【良い工務店とは】後悔しない工務店の選び方とは

f:id:tanuk:20190415222340j:plain

 







ハウスメーカーやビルダーなどブランド力がある会社は、信頼性もあり、当たり外れが少なく品質が良いイメージがあります。
工務店はどうでしょうか?カタログやモデルハウスといった情報が少ないので、善し悪しの判断が難しいでしょう。「工期がルーズで予算も上がった。」「打ち合わせを経る中で、理想の家とどんどんかけ離れていく……。」なんてことになれば本末転倒です。
後悔しないように、事前準備、調査してから自分にあった工務店を選びましょう。




インターネットで情報をつかむ

1番手っ取り早い方法です。社会概要や、施行事例、コンセプトは最低限確認しておきましょう。
施行事例で写真をたくさん載せている工務店は、 アピールしたいところが多い という意味合いになるので、ディテールまで凝っていることが伺えます。
逆に情報量が少なく、更新頻度が少ない工務店は、将来性に不安があると懸念されるので注意が必要です。



『チェックポイント』
・「高気密・高断熱」、「面材耐力壁」、「リビングに勾配天井」、「無垢材仕様」、「洋風仕様」など強みや得意分野がある
・10年以上続いており、年間20棟以上手がけている。
・施行事例の写真が豊富



さらに、住宅情報誌も大いに役立ちます。
限定的ですが、北陸3県の住宅情報誌でいうと『家づくりナビ』が有名です。



インターネット・住宅情報誌で気になった会社を最低10社選んでおきます。




モデルハウスや内見会に行ってみる

インターネット・住宅情報誌で選んでだ10社の内見会、(あればモデルハウス)で完成イメージをつけましょう。モデルハウスは常時展示していますが、内見会は事前予約制で展示期間が僅かなので、ホームページでスケジュール確認しておきましょう。

10件も見学するのは大変だと思います。重々しく受け止めるのではなく、例えば、買い物帰りに夫婦、家族で気軽に寄ってみたり、
来店者プレゼント目的で訪れるのもOKです。
必ずアンケートの回答を依頼されますが、個人情報を教えたくない人はアンケートに応えなくてもOKです。



『チェックポイント』
・理想に近い規模(坪数)の家を見学する
・営業との相性
・メリットだけでなく、デメリットも質問する
・立ち見ではなく、ソファなどに座って暮らしをイメージする
・掃除が行き届いているか



中でも収納の多さ、部屋の明るさ、キッチンの広さなど、「理想の家」に当てはまっているか確認してみましょう。

参照↓↓



必ず「ビビッ」とくる家があるはずです。
内見会・モデルハウスで「ビビッ」ときた工務店を5社に絞ります。




工務店に行く

5社に絞ったら、実際に工務店へ訪ねてみましょう。その際にこんな家にしたい、こういった暮らしがしたいという意見や資料をもっていくとベストです。

詳細↓↓



「土地をどうするか」、「予算はいくらか」、「いつまでに住みたいか」は優先的に伝えてください。

詳細↓↓




「こんなことも分からないの。」、「いいから任せておけば大丈夫。」など、高圧的な対応をしてくる営業だと、気持ちよく打ち合わせできませんよね。家づくりは担当営業や設計士、工事担任者と長い付き合いになるので、接客対応も大切な判断材料になってきます。



『チェックポイント』
・接客対応が良いか
・予算内で家を建てられるか
・住みたい家の要望に応えてくれるか
・契約を先行して進めようとしてこないか



石川県限定になりますが、私がオススメする工務店をご紹介します。





天然素材を取り入れた無添加住宅に住みたい↓↓





本格的な洋風の家に住みたい↓↓





軒の出が大きい和風モダンな家に住みたい↓↓





純和風な家に住みたい↓↓





現代的でおしゃれな家に住みたい↓↓





ホテルのような内観にこだわった家に住みたい↓↓





広いリビング、広いベランダで開放的に暮らしたい↓↓





化粧柱や化粧梁が豊富で、木と触れ合える家にしたい↓↓





寄棟や方形屋根を外観に取り入れたい↓↓




まとめ

①.インターネットで情報をつかむ⇒10社に絞る

②.モデルハウスや内見会に行ってみる⇒5社に絞る

③.工務店に行く⇒最終決定!!




ブログデザイン変更の為、申し訳ありませんがしばらくお休みします。m(__)m