【良い工務店の選び方】工務店?ビルダー?ハウスメーカー?設計事務所?

f:id:tanuk:20190415222340j:plain

 





私は工務店で家づくりしたので、「工務店」を第一人称としてブログを掲載してきました。しかしながら、注文住宅は工務店だけでなく、ハウスメーカーやビルダー、建築設計事務所にも依頼できます。
今回は各建築会社の違いや、選び方についてご紹介します。




工務店

工務店とは、少数精鋭の地域密着型で年間数棟~数十棟の規模で活動しています。フローリングの樹種、照明やカーテンのデザインから棚の取っ手の形までオーダーメイドしてくれます。したがってプランの自由度は高いです。



安さ:★★★★
品質:★★
自由設計:★★★★
メンテナンス:★
工期:★★★



『メリット』
・住みたい家の要望に応えてくれる
・住宅メーカー、設計事務所で建てるよりも安価
・内装、設備に規定がなく自由に選択できる



『デメリット』
・会社の規模が小さいのでブランド力が乏しい
・展示場がないので、完成イメージができない
・少数精鋭なので工期が長くなる場合がある
・工務店によって品質にバラツキがある



『こんな人にオススメ』
地域に根強く周辺環境を網羅している工務店で、設計士や工事担任者といっしょに家づくりがしたい人




ビルダー

ビルダーは規模であらわすと、工務店とハウスメーカーの間に位置します。年間数百棟~数千棟の規模で活動しており、規格化された商品を提供しているところもあります。しかしながら、自社工場があるほど規模が大きいわけではないので、材料、設備等は関連会社から供給しています。



安さ:★★★
品質:★★★
自由設計:★★★
メンテナンス:★★
工期:★★★★



『メリット』
・住宅展示場に出展しているビルダーもあるため、完成イメージができる
・工務店よりも、規模が大きいので品質や、工期のずれが少ない



『デメリット』
・規格化された商品のみを扱っている会社もあるので、ビルダーを選ぶ前に情報収集しておく。



『こんな人にオススメ』
工務店よりも規模が大きい会社で自由に家づくりがしたい。また、展示場で完成イメージを想定してからプランニングしたい人




ハウスメーカー

着せ替え人形のように、シリーズ化されている間取り、設備、外装、内装材を選択して家を建てます。プランの自由度は工務店より劣りますが、限られた選択肢の中から商品を選ぶので、引き渡し後に破損や故障した場合のアフターケアが充実しています。 また、会社の規模が大きいので、ブランド力があり信頼性も高いです。



安さ:★★
品質:★★★★★
自由設計:★★
メンテナンス:★★★★★
工期:★★★★



『メリット』
・会社の規模が大きいのでブランド力がある
・住宅展示場やカタログが豊富で家づくりのイメージがつきやすい
・引渡し後のアフターケアが充実



『デメリット』
・自由設計が限られる
・広告宣伝費用や人件費のコストがかかり価格が高い。
・機械的に打ち合わせが進むので家づくりをしている実感が湧きにくい



『こんな人にオススメ』
cmでよく見かけてブランド力がある会社で建てたい。また、引渡し後に定期点検や補修といったアフターケアを受けたい人



『ハウスメーカー一覧』




設計事務所

設計事務所はデザイン重視で、唯一無二の個性を「家」に与えてくれます。また、狭小地や、傾斜地などの条件が悪い敷地にも対応してくれます。コンペで入賞しているような有名建築家に設計してほしい施主も少なくありません。プランニングに時間はかかりますが、施主の目線でプラン提供してくれます。



安さ:★
品質:★★
自由設計:★★★★★
メンテナンス:★
工期:★



『メリット』
・デザインやプランの自由度が高い
・条件が悪い敷地にも対応してくれる
・施工は外注に依頼するので、好きな業者を選べる



『デメリット』
・設計料がかかり、価格が高い
・引渡しまでに時間がかかる
・デザイン重視なため居住性に難がある可能性あり



『こんな人にオススメ』
近所でも評判になるような、デザインに特化した家に住みたい人



工務店、設計事務所は建てる都道府県ごとに検索しましょう。
SUUMOさんのURLを掲載させていただきます。





先ほども記載しましたが、私は工務店に依頼しました。仕事柄、お世話になっているのも理由のひとつですが、その工務店は図面が丁寧に描かれており、その他の仕事も丁寧だろう想定できたので依頼することにしました。
家を仕上げるのは会社でなく、『人』なので、営業や、設計士の対応や態度も立派な判断材料になるでしょう。