【住信SBIネット銀行】まとめ

f:id:tanuk:20190415222339j:plain

 





【住信SBIネット銀行】まとめ

【住信SBIネット銀行】6つのメリット・4つのデメリット

『メリット』

・金利が安い
変動金利の新規借入(通期引下げプラン)が年0.457%となっていることから、住信SBIネット銀行の住宅ローンは、ネット銀行の中でも屈指の低金利。

・全疾病保障の保険料が0円
全疾病保障に加入すると、がん、心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の8大疾病保障や就業不能状態が続く場合、住宅ローンを完済できる。

・保証料が0円
保証料は0円だが、事務取扱手数料がかかる。事務手数料は借入額の2.16%

・繰上返済手数料が0円
返済期間や総返済額を減らすことができる繰上返済が1円から可能で、何回返済しても手数料は無料

・インターネットで簡単に手続きできる
時間と場所を選ばず、インターネットで手続きできる。それに伴い、契約書の署名・捺印が不要。

・ATMや他の金融機関の振込手数料が無料
ATMの引き出し利用手数料、他の金融機関の振込み手数料が月7回まで無料になる、「スマートプログラム」というサービスが利用できる。





『デメリット』

・店頭で相談ができない
対人相談できないため、ある程度住宅ローンの知識をつけておく必要がある。

・事務手数料が高い
事務手数料は借入額×2.16%の定率型になっており、定額型を採用している他のネット銀行よりも割高。

・審査が厳しめ
過去に借入れの返済が滞っていたり、消費者金融にお金を借りていたことがある場合、審査に通るのは難しい。

・仮審査から借入れまでに期間がかかる
一ヶ月以上かかる場合がある。
期間がかかることを見越して不動産売買など、家づくりのスケジュールを立てていく。

詳しくは↓↓




【住信SBIネット銀行】シミュレーション


・変動金利型か固定金利型か、元金均等返済か元利均等返済、 通期引下げプランか当初引下げプランかなど、さまざまな選択肢があり、それらは借入期間が大きく関係している。シミュレーションは何回でもできるので、自分に合ったプランを検討する。

・借入シミュレーションでは、希望の借入金額または、借入期間から毎月の返済額を試算できる。

詳しくは↓↓




【住信SBIネット銀行】仮審査から融資実行までの流れ

・仮審査の申し込みと合否
住信SBIネット銀行のサイトで仮審査の申し込みを行う。
仮審査は個人情報を調べないので他の金融機関より審査基準が緩め。その反面として、本審査の審査基準が厳しい

・団体信用生命保険の申し込み
仮審査に合格したら、団体信用生命保険(全疾病保障)の申し込みを行う。

・本審査申し込みと合否
本審査に受かる要点として、返済比率が35%未満、年収が350万円以上、勤続年数が6ヶ月以上、完済時年齢が80歳を超えていない、健康状態に問題がないことは最低限クリアしておく

・契約手続
本審査が通ったら、貸出条件を確認して借入希望日を決める。家の引渡日が融資実行日なので、家づくりのスケジュール管理も大切。

・登記打合せ
住信SBIネット銀行が司法書士の手配をしてくれる。
ネット上でのやり取りはできないので、司法書士とスケジュールを決めて面談する。

・融資の実行
司法書士により、登記書類の確認が取れたら、事務取扱手数料と印紙代を差し引いた金額を住信SBIネット銀行の口座に入金する。

詳しくは↓↓






「家持 大」さんよるシミュレーション


f:id:tanuk:20190712120640j:plain

プロフィール
名前:家持 大(いえもち たい)
年齢:35歳
家族構成:妻(兼業主婦で35歳)、子供2人(小学校1年、3年)
貯金:1500万
正社員(勤続年数10年)
世帯収入:手取り40万、年収800万
住まい:石川県在住の賃貸暮らし(家賃月8万)
趣味:釣り、サッカー観戦、旅行、キャンプ


住信SBIネット銀行の変動金利型が気になった

月々の返済額は8万円希望

頭金は1000万円で、借りるお金が3000万

借入期間は35年



つまり……
・月々の返済額:8万円
・借入額:3000万円
・返済期間:35年





【6つのメリット・4つのデメリット】
金利が安く保険料、保証料がゼロ円のメリットを理解する反面、事務手数料が高く、対人相談できないなどのデメリットも把握した。



【シミュレーション】
住信SBIネット銀行のサイトで実際にシミュレーションを行ってみた。
すると......

f:id:tanuk:20190404224556j:plain
『毎月返済額』が 77,306円 と試算された。
8万円以内にに納めることができたので家づくりの資金計画は大丈夫そう。



【仮審査から融資実行までの流れ】

審査基準を確認してみると......

★約96万円(年間返済額)÷800万円(年収)×100=12%
より、返済比率が35%未満なのでOK

★年収が350万円以上あるのでOK

★勤続年数が6ヶ月以上なのでOK

★完済時年齢が80歳を超えていないのでOK

最低基準はクリアしていた。



今回は、住信SBIネット銀行についてまとめましたが、他のネット銀行も個性的で魅力があります。
私は工務店に紹介された、地域密着型の金融機関で契約しましたが、ブログを作成しているうちに、ネット銀行もいいなって思ってしまいました。笑