【土地探し】土地の探し方を3パターンご紹介

f:id:tanuk:20190413232434j:plain

 





土地探しの流れは以下のとおりです。

候補地を選ぶ(ブログで紹介済)
⬇︎
売買契約
⬇︎
整地
⬇︎
地盤調査(ブログで紹介済)
⬇︎
基礎工事

これまでのブログで候補地を選ぶ地盤調査について記載してきました。
この章では、流れが前後しますが売買契約について解説していきます。



ところで、

土地ってどうやって探したらいいんだろう……

と検討もつなかい人がいらっしゃるかもしれません。このブログでは候補地がある程度決まった後、土地を探す流れを紐解いてみます。

土地の探し方は主に3種類あります。

不動産屋に相談する


インターネットで調べて「どの土地にしようかな。」と吟味するより、実際に不動産屋へ行ってみましょう。ただし、ただやみくもに近所の店舗へ行くのではなく、不動産屋を選ぶ上でいくつかポイントがあります。


ポイント①.大手不動産屋か地域密着型の不動産屋か


【大手不動産屋】
CMで見かけたことがあり、聞いたことがある不動産屋なら安心できるでしょう。大手不動産屋の最大のメリットは、取り扱っている物件数が多いことです。また、サービスも良く、綺麗な店内で要望にあった土地を丁寧に教えてくれます。

参考程度にいくつか大手不動産屋を掲載しておきます。

三井不動産リアルティ

住友不動産販売

東急リバブル

野村不動産グループ

三菱UFJ不動産販売



【地域密着型の不動産屋】
地域密着型なので、取り扱っている土地は限られていますが、大手不動産屋には無い情報源を持っているのがメリットです。営業や担当者と仲良くなると、ひそかに隠し持っている優良な土地を紹介してくれるかもしれません。笑
また、期日やコスト面で融通を聞いてくれる場合もあります。


どっちが良いんだろう……悩むなぁ……


あくまでも個人の意見ですが、地域密着型は敷居が高く入りづらいイメージがあります。また、「当たりはずれ」が極端です。なので、私のような土地の知識がない人は、オープンで接しやすい大手不動産屋を選びましょう。
いっぽうで、より安く、より良い掘り出し物の土地を探し当てたいという人は、地域密着型を検討してみましょう。




ポイント②.不動産屋の良し悪しを見分ける


不動産屋にも当たりはずれがあるの??


残念ながら当たりはずれがあります。実際に店内に入ってみてがっかりしたり後悔するパターンもあります。これを防ぐために事前に次の要点をおさえておきましょう。



【営業の対応】

f:id:tanuk:20190413232435j:plain

これが一番重要です。規模が小さい不動産屋でも営業の対応が、「親切丁寧に要望に応えてくれる」、「礼儀正しく期限をしっかり守る」、「趣味の話で盛り上がり、馬が合う」なら、「この人に任せてみようかな」って思いますよね。
逆に「要望もろくに聞かないで契約書を書かせようとする」、「態度が悪く期日を守らない」、「立ち会わないで電話で要件を済ませようとする」といった営業なら信頼できませんよね。したがって、営業態度や対応は大きな判断基準になります。



【店内の雰囲気】
不動産屋は接客業でもあります。そのお店が埃っぽかったり、整理整頓されていなかったり、看板が破損していたりすると、店内に入って不快に感じたり、接客態度や仕事がいい加減だと勘違いしかねません。
中でも注視してほしいところが机の上です。もし、机の上に個人情報かもしれない書類が乱雑なっている場合は、その不動産屋は避けましょう。



【誇大広告をしていないか】
「宅地建物取引業法」と「不当景品類及び不当表示防止法」によって禁止されています。誇大広告とは、根拠もないのに信頼できるような言い回しや用語、例えば、「絶対」、「日本一」、「当社だけ」、「一番売れています」、「抜群」、「完璧」といった言葉を用いることです。見かけることは少ないかもしれませんが、店内に入る前に張り紙や看板をチェックしてみてください。




工務店やハウスメーカーに相談する


不動産屋と工務店を行ったり来たりしたくない、窓口を統一したい人にオススメです。


私も家を建てた工務店の営業に相談しました。


土地・建物どちらも売買するので、それぞれの予算を把握でき、資金計画が立てやすいです。また、事前に家族構成やライフスタイルについてコンタクトをとっているので、改めて要望を説明する必要もありません。




自分で探す

希望しているエリアを散歩してみたり、詳しい知人に聞いてみたり、インターネットで探したりして、売り出し中の土地を見つけます。そして、その土地の看板に掲載されている連絡先に問い合わせるといった方法もあります。
すごく手間がかかりますが、「掘り出し物を探し当てた!!!」という達成感を感じられるかもしれません。笑




まとめ

土地の探し方は、

・不動産屋さんに相談する

・工務店やハウスメーカーに相談する

・自分で探す

の3種類あり、不動産屋で相談する場合は、大手不動産屋地域密着型かを選択し、営業の対応、店内の雰囲気、誇大広告していないかチェックしましょう。そして、その不動産屋が信頼できると判断してから、相談しに行きましょう。