【ゾーニング】家のゾーニング(2)

f:id:tanuk:20190413232427j:plain

 




【ゾーニング】家のゾーニング(1)の続きです。

順序は以下の通りです。





ゾーニング手順

5.【建物 基本編】どんな家で暮らしたい? の意見、想いをヒントにしながら部屋のかたちを決める
6.動線を書いて確認する
7.窓の位置を決める






これで、ひととおりゾーニングが完了します。




5.【建物 基本編】どんな家で暮らしたい? の意見、想いをヒントにしながら部屋のかたちを決める

【建物 基本編】どんな家で暮らしたい?

を参照してください。

「意見、想い」をヒントとして、部屋の形、収納場所や風呂の位置を決めていきます。

一番大切で、時間がかかると思います。でも、それ以上におもしろいとも思います。

「意見、想い」を建物のかたちに反映できたら、文字を消しましょう。

解決できなかった「意見、想い」は、今後解決するために文字を残してきましょう。

私の家を参照にしてみて下さい。

1階

f:id:tanuk:20190413232421j:plain

f:id:tanuk:20190413232425j:plain



・こたつを置くため、リビングを横長のかたちに

・キッチンの片隅にパントリーを

・シューズクロークを配置するため、玄関・ホールを少し大きめに

・風呂の位置を検討して、勝手口とサンルームをつなげる

・ダイニングに、子どもと一緒に勉強できるカウンターを配置



2階

f:id:tanuk:20190413232420j:plain

f:id:tanuk:20190413232426j:plain



・踊り場を設けるため、階段を広めに

・子どもが走り回れるように、子ども室、廊下を広めに

・寝室には、デスク、クローゼットの位置を計画



家族で何枚もゾーニングして、何通りもアイデアを出すことが一番の近道です。




6.動線を書いて確認する

部屋のドア(建具)を設ける箇所、あるいは行き来する箇所をで図面に書いてみましょう。

私の家では

1階

f:id:tanuk:20190413232423j:plain

・部屋の大きさを確保するため、ムーブエリア(廊下)は極力設けない

・家族が顔を合わせやすく、にぎやかな家にするため、リビングから出入りするように

2階

f:id:tanuk:20190413232422j:plain

・出来る限りシンプルに

・部屋数が少ないので、一筆書きができるくらい明確に




7.窓の位置を決める

最後に窓の位置を決めましょう。

その時に、

・テレビを配置する場所と窓を近づけすぎない

・トイレ、浴室、階段、廊下は窓を設ける

・南面に大きい窓(そのまま外にでることができる、掃きだし窓など)を配置する

・西面は西日を考慮し、大きすぎる窓を設けない

・ひと部屋に二箇所、窓を配置すると、換気しやすい

・クローゼットに窓は特別必要でない

・サンルーム、リビングには大きい窓を検討する

ことに注意しながら配置してみましょう。

私の家では

1階

f:id:tanuk:20190413232418j:plain

2階

f:id:tanuk:20190413232424j:plain

黄色い箇所が窓を示しています。窓の高さも書けたらよりgoodです。





このプランをそのまま工務店さんに提出するだけでもOKです。

次の章では、このプランを基に平面図を作成してみます。