【ゾーニング】家のゾーニング(1)

f:id:tanuk:20190413232427j:plain

 




配置計画も完成したので、いよいよ家のゾーニングにはいります。

言うまでもないですが、家のゾーニングを怠ると、

「玄関扉を開けるとリビングが……」

「荷物を片付けるスペースがない……」

「廊下ばかり……」

「洗面室と風呂が遠い……」

「リビングが暗い……」

「和室から庭を眺められない……」

「書斎が騒がしい……」

「トイレが遠い……」

「動線が長い……」

「日の光がまぶしくてテレビが見えない……」

など、住み心地の悪い家になってしまいます。



そうならないために、実際にゾーニングしてみましょう。

順序は以下の通りです





ゾーニング手順
1.【建物 基本編】どの部屋が必要? 【ゾーニング】部屋の広さってどのくらい?
で検討した部屋をエリアごとに仕分ける
2.玄関、勝手口の位置を決める
3.部屋を配置してみる
4.動線を書いて確かめる
5.【建物 基本編】どんな家で暮らしたい? の意見、想いを図面に書いてみる


今回はここまで行います。








1.【建物 基本編】どの部屋が必要? 【ゾーニング】部屋の広さってどのくらい? で検討した部屋をエリアごとに仕分ける

【建物 基本編】どの部屋が必要?

【ゾーニング】部屋の広さってどのくらい?

を参照してください。

エリアは大きく分けて4種類あります。

リビング・ダイニング・客間などの パブリックエリア

書斎・寝室・子供室・和室などの プライベートエリア

脱衣所・洗面所・風呂・サンルーム・キッチン・収納などの サービスエリア

玄関・ホール・廊下・階段など ムーブエリア

色分けすると見やすいです。

私の場合は 

パブリックエリア オレンジ色

プライベートエリア 紫色

サービスエリア 青色

ムーブエリア 緑色

で色分けしました。
        



2.玄関、勝手口の位置を決める

次に玄関、勝手口の位置を決めましょう。

玄関と勝手口はゾーニングを行う上で、大きなヒントとなります。




3.部屋を配置してみる

玄関、勝手口の位置を決めたら、できるだけ各エリアごとにまとめて、ゾーニングしてみましょう。

・玄関の近くにはホール、廊下。勝手口の近くにはキッチン、又は脱衣室、洗面室、サンルームを

・日の当たる時間が長い南向きにパブリックゾーンを

・北面にサービスゾーンを

・プライベートゾーンは2階に

・テラスや庭とパブリックゾーン、プライベートゾーンをつなげる

・部屋の大きさはざっくりでOK

・パントリーや収納は今は配置しなくてOK

・ムーブゾーンを設けない方が動線がスッキリする

をヒントにしながら……。

私の家はこんな感じです。

1階
f:id:tanuk:20190413232419j:plain




4.【建物 基本編】どんな家で暮らしたい? の意見、想いを図面に書いてみる

【建物 基本編】どんな家で暮らしたい?

を参照してください。


「どんな家で暮らしたいか」について、検討した意見、想いを図面に書き出します。

私の家はこんな感じ……

f:id:tanuk:20190413232421j:plain

2階

f:id:tanuk:20190413232420j:plain

これから検討した意見、想いを反映して、部屋の形を決めていきます。

【ゾーニング】家のゾーニング(2)に続く。