【地盤】地盤改良とは?その費用はいくら?

f:id:tanuk:20190413232404j:plain

 




【地盤】地盤調査とは?その費用はいくら?

をこのブログの前に読んでおいてください。



地盤調査した結果を基に、地盤改良の工事方法が決まり、改良工事費の見積もりができます。

地盤改良が完了した後は、基礎工事→家の柱や梁を建てる(上棟)→仕上げ材→引き渡し

と進んでいきます。



地盤改良って何??

地盤改良とは、建物を建てる場合に、土地の質に合わせて地盤を補強することです。

工事方法は大きく3つに分類されます。





表層改良

土地の表面にセメントを固めて地盤補強します。

表面のみを固めるので、ある程度強い地盤ならこの工法でOKです。

費用も安価ですが、セメント用のトラックが止められるスペースが必要です。

トラックが止められない場合は、費用がかさばる場合があります。

表層改良の代わりに柱状改良や鋼管杭工法でも対応できます。





柱状改良

地面の中にセメントの柱を埋め込み(2メートル以上8メートル以下)、建物の重さを支える工法です。

一般的に用いられることが多く、少し弱い地盤向きです。


f:id:tanuk:20190413232414j:plain





鋼管杭工法

柱状改良より細い単管パイプを複数地面の中に埋め込み、建物の重さを支える工法です。

地盤の深さ30mまで工事可能です。

弱い地盤向きです。

細い単管パイプなので、小型の機械で打ち込むことができるので、施工が容易です。





どの調査方法が良いの??

地盤調査と同じく、下にまとめてみました。

表層改良 

【メリット】

・工事費用が比較的安い

【デメリット】

・弱い地盤では調査できない

・工事のムラが出やすい

・傾斜地には利用できない

【費用】 40万円〜60万円





柱状改良

【メリット】

・長年にわたり、地盤を強く保つことができる

【デメリット】

・杭が入った地盤を現状に戻すことができず、土地の売買価格が下がってしまう

【費用】 80〜100万円





鋼管杭工法

【メリット】

・強度が高く、大規模な3階建ての住宅もOK

・細い単管パイプなので、現状に戻すことが可能

【デメリット】

・工事中の騒音や振動が大きい

・工事費用が比較的高い

【費用】 120〜140万円





そして……

平らな土地で、ある程度強い地盤なら表層改良

少し弱い地盤なら柱状改良

弱い地盤なら鋼管杭工法

となります。





実際には、工務店やビルダーがどの地盤調査、地盤改良が適しているのか、全て案内してくれます。

しかしながら、せっかくの高い買い物なので任せっきりにせずに、ある程度知識を付けて、自分の意見を言えるようにしたいですよね。

基本的な内容でも構いませんので、頭に入れておくと幸いです。



私は地盤調査の結果から、柱状改良を選択しました。