【地盤】地形の種類(扇状地、三角州)液状化とは?

f:id:tanuk:20190413232404j:plain

 




【土地 基本編】では、土地の選び方、法との関係について基本的なことを紹介しました。

これからの章は土地(地盤)の種類や地盤改良といったことを解説します。

そして、今回は地形の種類です。





私たちが住んでいる土地は、元々は

河から流れた砂やれきが堆積したり、

山を切り崩したり、

人口地盤で埋め立てたりして、

家を建てる宅地へと造成されてきました。

これから建てようとする土地の地形を調べることで、地盤の質が分かり、

改良工事の予算もたてやすくなります。

それでは紹介していきましょう。





良好な地盤

山地・丘陵

f:id:tanuk:20190413232407j:plain

【宅地としての評価】:

【特徴】:標高500m以上の山間部地帯で、丘陵はそれより低くなだらかな地形

硬くて安定した岩盤で良好な地盤です。
山地は切土(高い地盤・斜面を切り取って低くし、平坦な地表を作ること)や盛土(土砂を盛り上げて高くし、平坦な地表を作ること)をして造成します。
しかし、切土・盛土などの人工地盤は、自然に堆積した地盤より不安定で、補強工事が必要な場合もあります。



扇状地

【宅地としての評価】:

【特徴】:河から流れてきたれきや小石などが堆積し、扇状に広がっている地形

れきや小石が堆積しているので、比較的地盤が締まって宅地に向いています。
しかし、大雨や洪水で土石流に巻き込まれやすい傾向があります。



台地・段丘

f:id:tanuk:20190413232406j:plain

【宅地としての評価】:

【特徴】:砂利を主体として、平坦で周囲より一段と高く、形成された時期が古い地形

砂利を主体としているので、比較的安定した地形で宅地化されやすいです。
また、地震時の液状化の危険性も低いです。


お勧めしない地盤

自然堤防

【宅地としての評価】:

【特徴】:河から流れてきたれきや小石などが堆積し、周囲より小高くなっている地形

地盤は安定していますが、乾燥しやすく、液状化の恐れがあります。



埋立地

f:id:tanuk:20190413232405j:plain

【宅地としての評価】:

【特徴】:土地を埋め立てて造成した地形

人工的に適切な工法で造成しているので、十分に締固められています。
しかし自然地盤よりも弱く、地震による液状化や、
大雨・台風の水害も起きやすいです。
埋立する以前の地形の種類を知っておく必要があります。



三角州

f:id:tanuk:20190413232408j:plain

【宅地としての評価】:×

【特徴】:川から流れてきた粘土や砂が堆積し、平らかで三角形の形状を持つ地形

砂や粘土が堆積している場合が多く、軟らかい地盤です。そのため台風などの水害が懸念されます。
さらには、地震時に地盤沈下や液状化の恐れもあり、宅地に向いていません。



液状化って何??

あらためて、用語のおさらいを……

液状化

f:id:tanuk:20190413232409j:plain

地震が起きたとき、振動によって密集されていた砂の粒子が離ればなれになって、表面の地盤がふにゃふにゃになる現象です。
地盤がふにゃふにゃになると、建物が倒れたり、埋もれたりしてしまいます。





候補地の地形を調べたい!!

ジャパンホームシールドさんが提供している地盤サポートマップを活用しましょう。

URLを掲載させて頂きます。

出展:「ジャパンホームシールド」
地盤サポートマップ


検索方法は
①実際にアクセスして、調べたい土地を右クリック

②「詳しい情報はここを押してね」を左クリック

③土地の詳細が表示され、右斜め上に地形が掲載されています。