【住宅ローン】保証会社とは?いくら払うの?

f:id:tanuk:20190413232358j:plain

 




前回説明した保証会社についてです。

住宅ローンを受けるにあたって、収入や健康面などが問題ないか、審査に通る必要があります。

いっぽうで、保証会社はいうならば住宅ローン契約者の連帯保証人です。

したがって、「この人は信用できるし、お金を貸してあげよう。」

と、金融機関(銀行)ではなく保証会社が住宅ローン契約者の審査を担当しています。

金融機関(銀行)と保証会社の関係が深いことが予想つきますね。

審査の中で、「この人は数多くの条件をクリアしている。素晴らしい。信用できるので、保証金を安くしてあげよう。」

と優遇を受けることもあります。







保証金の支払い方法は、保証料外枠方式保証料内枠方式があります。

概要

保証料外枠方式

住宅ローン契約時に保証金を 一括で支払う方法。


保証料内枠方式

住宅ローンの金利とまとめて、 分割して月々に支払う方法。

長い名前でややこしいので、外枠→一括、内枠→分割と覚えておいてください。


メリット・デメリット

保証料外枠方式

メリット:支払総額が少ない

デメリット:家づくりでお金がたくさんかかる中で、保証金もあらかじめ用意しなければならない。


保証料内枠方式

メリット:支払総額が多い

デメリット:保証金ゼロ円なので、あらかじめ用意する必要はなく家づくりの初期費用が浮く。







ところで……

概要は理解できたけれど、支払総額はどのくらい違うんだ??

そこが肝心ですよね。笑



保証金は借入額の約2%が相場となっています。

もちろん少ないほうが良いので、この2%は銀行・保証会社を選択する基準にもなっています。

シミュレーション

保証料外枠方式

例:借入額: 3000万 金利:1.0% 返済期間35年の場合は……

約55万円の保証金が必要になります。

この55万円を住宅ローン借り入れ時に支払います。

計算方法は今回は割愛します。(今後のブログで改めて説明します。)



保証料内枠方式

毎月支払う金利に約0.2%上の乗せして支払います。

この0.2%も相場となっており、銀行・保証会社を選択する判断材料です。

例:借入金:3000万 金利:1.2% 返済期間:35年

保証料外枠方式の金利1%に0.2%上乗せして1.2%にしています。

これを計算すると約67万円になります。

月換算すると、月々約1596円支払うことになります。



以上から、保証料外枠方式のほうが、保証料内枠方式より総額12万多く支払うことになります。







現状は保証料内枠方式を選択する人が多いです。

私も初期費用に50万円前後支払うことにためらい、保証料内枠方式にしました。

【資金計画 基本編】資金計画の前にで作成したライフプランも参考に検討してみてください。


50万あれば、家電をある程度揃えられますね。