【土地 基本編】防火地域・土地に接する道路との関係

f:id:tanuk:20190413190553j:plain

 




用途地域と同様、都市計画市街化区域に当てはまる土地が対象です。

残りの防火地域土地に接する道路をおさえれば、【土地 基本編】は終了です。

土地に接する道路はすぐ説明できるので、まとめていっちゃいます。


防火地域

防火地域とは家を災害(火事)から守る決まりごとです。

用途地域とはまた別に、土地(地域)には



・防火地域
・準防火地域
・22条地域


が定められています。


f:id:tanuk:20190413182713j:plain



出典:「平岡織染株式会社」
製品情報 防火に関する規定について



・家事が起きると非常に危険なエリア  防火地域
 【都市中心地で商業施設が密集している場所等】

・家事が起きると危険なエリア  準防火地域 
 【密集した住宅街等】

22条地域
 【上の2つに当てはまらないエリア全て】


となります。

防火地域に該当したら、網入りガラスや防火扉を設け、火災に強い【耐火建築物】にしなければなりません。また、木造は建てられないと考えておきましょう。

木造で家を建てられないの!?

建てられないこともありませんが、制限が多いのでオススメしません。


準防火地域では柱、梁、壁などに耐火措置を施して、まぁまぁ火災に強い【準耐火建築物】にしなければなりません。


法22条地域も屋根を不燃材料で造る等の決まりがあります。


以上から、「建物が密集した土地(防火・準防火地域)は他の建物に火が移りやすいので、火が移りにくい家にする。」

ということですね。


こちらもインターネットで検索できますので、ぜひ探してみて下さい。



出典:「定期報告net」
都市計画情報(用途地域、防火・準防火地域)を調べる

※防火地域のマップがない都道府県、市町村は、「都市計画区域」のマップと一緒になって掲載されている場合が多いです。

耐火措置する規模によって、家づくりの予算も変わってきます。

都市計画区域内に属する家は、何かしらの耐火措置が必要だということですね。










土地に接する道路

土地は道路と深い関係があります。

道路と土地が近いと自動車、バイクなどの騒音被害や事故の危険性が高まり、日照や風通しも悪くなります。また、避難ルートが狭く、救急車や消防車などの緊急車両が入れないといったケースも発生しかねません。

それらを防止する為に接道義務があります。




写真を参考に説明します。


f:id:tanuk:20190413182714j:plain

道路幅が4m以上の道路(青字)2m以上接して(赤字)建物を建てなければなりません。


道路幅が4m⇒6m以上の場合や4m未満でもクリアできる場合がありますが、

できるだけシンプルに説明したいので今回は割愛します。笑