【資金計画 基本編】 頭金はいくら必要?

f:id:tanuk:20190210120608j:plain

 



で家づくりにかけるべき予算を大まかに把握することができました。

そこで一つ疑問に思うかと。

「将来的には家具も家電も買い揃えたいし……でも頭金も払わなければならない。」

「ところで頭金はいくらくらい払うべきか。ゼロでも大丈夫なのか。」

「そもそも頭金てなんだ??」





頭金とは、貯金の中から家づくりにかかる費用を支払うことです。

月々の住宅ローン以外で支払うことができるお金ともいえます。

(知っている方がほとんどで今更説明する必要もないと思いますが……)

では、頭金はどのくらい支払うべきなのでしょうか。




結論から申し上げますと物件価格の2割が理想とされれいます。

例:物件価格(土地・建物)3000万円⇒頭金600万円

  物件価格(土地・建物)5000万円⇒頭金1000万円

しかし、私自身は多ければ多いほど良いと思っています。

頭金を多く支払えば、住宅ローン返済時期が短くなります。

一方、頭金ゼロでも住宅ローンが受けらることができるケースもあります。
(その為にはさまざまな条件をクリアする必要がありますが……)

ではいったいなぜ多いほど良いのでしょうか。




その答えは住宅ローン返済期間が短くなり、さらに、毎月の返済額が少ないことで、ゆとりをもって新しい生活をおくれるからです。


今日から新しい家で心機一転新生活だ!!!楽しみだなぁ!!!

↓半年後

住宅ローンの毎月の支払額が多い……資金計画間違えた……

↓1年後

貯金が底を尽きた……

このようなケースに絶対なりたくないですよね。

もちろん、貯金を全て頭金に使うのではなく、税金や引越し費用などの初期費用も考慮し、家族の万が一も備えて蓄えもある程度残しておくべきです。



参考までに頭金をいくら払ったかについて【SUUMO】さんの円グラフを掲載しておきます。


f:id:tanuk:20190211161938p:plain


出典:SUUMO
頭金いくら・どうやって貯めた?マイホームを買った300人のデータ大公開



さまざまな条件がありますが、比較的100〜500万円未満(24.6%)の方が多いようです。

次いで、1500万円以上(23.6%)、500~1000万円未満(17.5%)、1000万~1500万円未満(13.6%)となっていますね。

こうしてみると、頭金を多く用意している世帯が多いことが分かりますね。

昔はお金を借りずにコツコツ貯金して、溜まったら家を買うという考え方が当たり前でした。

2番目に多い、1500万円以上の世帯は少なからず、そういった考えをもった人がいるのではないかと予想できます。

ストレスを溜めない程度に外食や旅行といった贅沢を少し我慢して、頭金の為に貯金してみてはいかがでしょうか。